2017年6月28日水曜日

カースト制度について (2)

若い人達はどの程度認識されているのでしょうね。私にも分かりませんが、ヴァルナとカーストの違いは、認識して欲しいポイントです。

ヴェーダの文化では、家系やコミュニティーは四つのヴァルナに分類され、それによって社会への貢献の方法が決められ、それぞれ「お互い様」で成り立っている形です。
これは、トップダウン式の支配や搾取のシステムではありません。

一方、イギリス人達が植民地支配と搾取をする為に、ヴァルナ・システムを歪めて造ったのがカースト・システムです。
SC(スケジュールド・カースト)優遇システムは、植民地時代の遺産である1.競争させる社会と、2.出生による優劣の差が前提となっていますね。

現代において、社会全体でヴェーダの暮らしをそのまま守るのは無理ですが、ヴァルナ・システムが人類に与えるべき恩恵は何だったのか、カースト制度という悪い仕組みとの違いは何なのか、何を廃止して、何を残していくべきか、といったことを、本人たちがまず、自分達の根っこの部分をきちんと勉強してから見分ける必要があると思います。

ざっくり4つだったヴァルナも細分化され、10億人以上もいるのに、結婚できる相手が狭い身内の中だけしか見つからないなんて、おかしなことになっていますよね。。

ちなみにですが、日本だと、一番上のカースト=バラモンが、下のカーストをいじめている!というイメージが、教科書や漫画を通して刷り込まれていると思いますが、実際は、
伝統の知識を教え継ぐ、というヴェーダ文化のアイデンティティーの部分であるブランミン達は、勉強と教え・皆の為に祈ることに日々忙しく、支配や搾取など出来る立場でもなく、お金儲けや富の蓄積も許されないので、それでも生き延びる為に、社会全体からは一番尊敬されるべきという立場であり、人々からお礼や施しをもらって、慎ましく生きています。
そして、聖人と呼ばれる人は、全てのヴァルナ・性別からも輩出されています。

ちなみに、職業や結婚は、基本的には同じヴァルナの中で決まる、というのが原則ですが、原則があれば必ず例外があり、例外はヴェーダでもマハーバーラタでも多々見受けられます。

Medhaみちかの関連サイト