2022年1月6日木曜日

Google音声入力の句読点の入力方法一覧表

Googleの音声入力、つい最近まで句読点が打てず、使い物にならなかったのですが、少しずつ改善しているみたいです。

句読点の一覧表が、本家Googleのヘルプにおいてさえも見つからないので、自分で作ってみました。

 、    読点(とうてん)これが当店とか東天とか問う10とか、もーえーわ!って言いたくなるくらいボケてくれますが、無視して話し続けていると、話の前後を鑑みて、最終的に「、」にしてくれることも、ありますし、してくれないことも、あります。。

 。    句点(くてん)、もしくは、まる

改行    新しい行(あたらしいぎょう)「新しい業」と出て来ることが多いですが、無視していると後で考え直して、改行してくれることが多いです。

ふたつ改行    新しい段落(あたらしいだんらく)

 ?    疑問符(ぎもんふ)半角で出て来ます。

    感嘆符(かんたんふ) 半角で出て来ます。

    アットマーク

    鍵括弧(かぎかっこ)

    鍵括弧閉じ(かぎかっことじ)

    丸括弧(まるかっこ)

    丸括弧閉じ(まるかっことじ)

    チルダ

    シャープ(その後にハッシュタグ候補が出て来ました。その後に言った言葉がタグ付けされます。)

    米印(こめじるし)

    コンマ(カンマと言っても通じなかった。。ピリオドと何度言っても出て来ない。)

    セミコロン

    コロン(文字化けしました。。)

    スラッシュ

バックスラッシュと言ったら文字化けしたものが出ます。

BS(バックスペース、一文字削除)の音声入力がまだ見つかりません。誰か教えて。


プラス、マイナス、イコールなどは、数字と一緒に言うと半角で出て来ます。単品で使うとカタカナで出て来ます。

1+1=2    いちぷらすいちいこーるに、いちたすいちはに

20℃    にじゅうど

45km    よんじゅうごきろめーとる

45kg    よんじゅうごきろぐらむ

45 CM    よんじゅうごせんちめーとる

45センチ    よんじゅうごせんち

10-3    じゅうのさん

また何か見つけたら追記しますね。

2021年12月24日金曜日

広告規制~タバコに続いて、酒類や肉類も

映画やドラマでの俳優の喫煙シーンが、それを見た人々の喫煙を始めるきっかけとなっているという根拠から、90年代ごろからでしょうか、アメリカ映画やドラマからは喫煙シーンが消えていき、現在では喫煙シーンが含まれる映画は年齢制限が設けられているとか。

日本でもタバコのCMは自主規制され、映画やドラマでも喫煙シーンは減らされています。

アメリカではアルコール類のCMにもだいぶ前から規制があります。
スーパーで酒類を買っても、茶色い紙袋や黒いビニール袋に入れることが法律で決まっていて、ビールの缶やお酒の瓶をそのまま持って歩くのは違法です。
これはアメリカだけではなく、世界中の多くの国がそうだと思います。
カルフォルニアのレストランでは、屋外の席での酒類の提供が禁止されていました。

一方日本でのアルコールの広告や販売は野放しですよね。
規制と言えば、最近やっと自動販売機が消えてきて、店舗販売でも年齢確認くらいはするようになった程度です。
日本のテレビでは、昼間から有名俳優たちがアルコールをあおるシーンがいつくもひっきりなしに流されていて、子供やアルコール依存症の人々の目に入ることも全く考慮していません。
日本人としてかなりショックです。。ほんま引くわ。。こわ~って感じです。
イチローまでビールの宣伝に出ていて、これをアメリカの人が知ったら、彼のイメージは酷く損なわれるだろうな。。とビックリしたものです。

次から次へと流されるアルコールのコマーシャルを見続けさせられ、「お酒を飲むのは楽しいこと、気持ち良いこと、ソーシャルなこと、リラックス出来ること」というイメージが植え付けられていくのです。
お酒やドラッグを摂取して酩酊するとは、理性が失われる、つまり人間性が失われているtこいうことなのに、「有名人も、周りの人も、みんなが普通に飲んでいるものだから、決して悪いことなんかではない」というイメージが植え付けられます。
完全に洗脳です。

CMが無くても人間はお酒を飲んでいたという屁理屈をこねるお馬鹿さんもいそうですが、CMを減らしたらタバコやアルコールの消費量が減ったというデータもありますし、そもそもCMというもの自体が、消費量を上げるためのものですからね!
スワミジがいつも、アルコールを肯定しようとする人は、論理をいくらでも歪められると仰っているのは、こういうことです。
だから、ヴェーダーンタを勉強する人は、酒類やドラッグなどには近づくべきではありません。

また、お肉を喜んで食べるのも、CM洗脳から来ていると思います。
昔、「焼き肉」と聞くと目の色を変えて嬉々としている「普通の人々」を見るたびに、「目の色変えてテンション上がっちゃって、気色悪いなぁ。本当に自らお肉が好きな人なんてなかなかいないはずなのに。みんな洗脳されている」と、子供の頃からずっと思っていました。
ひもじい思いをして育った年代の方たちの憧れの価値観なのか、明治維新の西洋コンプレックスの影響か、なんだか知りませんが、CMや周りの大人から「お肉は美味しいものだ、ありがたく喜んで食え」という洗脳を受けているんだろうな~可哀想な人達だなぁ~って、物心ついたときからずっと思っていましたね、私は。

しかし今やもう21世紀。環境問題に関心のある若い人を中心に広がるヴィーガン・ブームのおかげで、(そうなんでしょーかね?何でもいいけど。)肉食は過去のものとなりつつあるような気がします。アルコールの消費も。

結局私が言いたいのは、酒類や肉類の広告も、タバコのそれと同様、あと10年ほどで消えて行くに違いない。私は強くそう願う!ということです。

またこんなことを言うと、「昔から人間は肉を食していた!」というオッサン達(特定の性別や年齢を指す意味ではなく、「昔の価値観からアップデートできない人」という意味です)が噛みついて来るんですよね。
私がベジタリアンの発信をすると、それに対して執拗に噛みついて来る人が、リシケシュで永いことヨガやインド哲学を教えている年配の男性だったり、ヨガやインド文化をやたら肉食文化に絡めて紹介したがる人も、やっぱり似たような感じだったりするんですよね。正直、気持ち悪いです。仏教系の年配の方も、アンチ・ベジの人が多いですね。。私が彼らと馴染む必要は全くもって無いですが、馴染めませんね。。
ノンベジはタマスなので、それらを食す人々を含め、近づかないに越したことは無いです。

まぁ、時代は流れているので、これからのポジティブな変化を私は後押ししていきたいし、最近の若い子たちにも期待しています。。

 

धातुの中の鼻音のलोपについて

今日はギーター第12章のシャンカラーチャーリヤ・バガヴァーンのバーシヤ復習をしています。

第一シュローカにあるअव्यक्तという言葉について、
यद्धि करणगोचरं तद् व्यक्तम् उच्यते, अञ्जेः धातोः तत्कर्मकत्वात् ।
とあるので、スートラを忘れない為にも文法も復習。

अव्यक्त = वि + अञ्जूँ व्यक्ति-म्रक्षण-कान्ति-गतेषु + क्त

अञ्ज् + क्त
अज् + त 6.4.24 अनिदितां हल उपधायाः क्ङिति । ~ नलोपः
अक्त 8.2.30 चोः कुः । ~ झलि

धातुの中の鼻音のलोपについて、6.4.24 अनिदितां हल उपधायाः क्ङिति ।(नकारजावनुस्वारपञ्चमौ झलि धातुषु । )と、6.4.37 अनुदात्तोपदेश-वनति-तनोत्यादीनामनुनासिक लोपो झलि क्ङिति । がよくごっちゃになって忘れかけるので、たまにこうやって思い出して覚える努力も続けないと。。

2021年12月21日火曜日

日本語による3年コース構想

3年コースで私の恩師プージヤ・スワミジは、私達に惜しみなく、
ウパニシャッドと、バガヴァッド・ギーターと、ブランマ・スートラを、
シャンカラーチャーリヤのコメンタリーに沿って、教えを授けてくださいました。

これからは、これらのテキストをひとつずつ、もちろん全てサンスクリット語の原典に沿って、そしてもちろん日本語で、それぞれ約2週間の集中講座で教えていけたらと考えています。

ウパニシャッド

  • ムンダカ・ウパニシャッド
  • カタ・ウパニシャッド 
  • ケーナ・ウパニシャッド
  • チャーンドーギヤ・ウパニシャッド第6章
  • タイッティリーヤ・ウパニシャッド(長期間必要)
  • マーンドゥーキャ・ウパニシャッド with カーリカー(長期間必要)
  • イーシャ―・ウパニシャッド
  • カイヴァッリヤ・ウパニシャッド

バガヴァッド・ギーター

  • 対面のクラスでは全章をバーシヤと共に、十数回に分けて
  • オンラインでも、現行の文法とラーマーヤナのクラスが終わり次第、バガヴァッド・ギーター・ホームスタディー・コースを勉強しようかと考え中。その場合、最初からスタートするクラスと、第7章からスタートするクラスを並行しようかとも考え中。どちらもバーシヤと共に勉強します。

ブランマ・スートラ

  • 1ヵ月程。

それぞれのクラスが2週間前後となると、インドのアシュラムでクラスをさせてもらうことになると思います。
それ以外の場所でも開催が現実的に出来そうなら、お声がけください。
具体的には、20人前後の宿泊(できれば個室)、全員が朝に入浴を済ませられるよう十分な浴室のある環境、ベジタリアンの食事、勉強とお祈りのできるホールが揃っている場所です。
これまでバリ島ウブドでも何度も開催させていただいているので、今後も出来ればと願っておりますし、冬の沖縄や台湾などで閑散期のゲストハウスとベジ食堂を利用させていただくなども良いかなと思っています。

これら全てのクラスを実現するには、集合的なかなりのプンニャが必要です。
「今生で目一杯勉強出来ますように」というサンカルパで毎日の生活を祈りとし、
サンスクリット語の勉強も頑張っていてくださいね。

リシケシュのアシュラムから拝む、ガンガーからの日の出

2021年1月10日(月・祝)イーシャ―・ウパニシャッドの勉強会のご案内

詳細・申し込みはこちらのウェブサイトをご参照ください。
https://sites.google.com/view/vedanta-benkyokai/
とても素敵なウェブサイトを作っていただきました。。


1月10(月・祝)の日に、東京墨田区で勉強会のお誘いを頂きました。

一日だけの講義であり、さらに、これからひとつずつ、私の先生から教えて頂いたウパニシャッドを、皆さんと一緒に勉強する機会に恵まれますように、という願いを込めて、イーシャー・ウパニシャッドの第1マントラを主題に選びました。

イーシャー・ウパニシャッドは、シャンカラーチャーリヤが解説書を書いた10のウパニシャッドの一番最初に数えられるウパニシャッドです。最初のひとつのマントラに、ウパニシャッドのヴィジョンが全てつまっています。

誰でもウエルカムです。サンスクリット語やヒンドゥー文化などの前提知識を必要としないコミュニケーションに努めます。

しかし、これまでにサンスクリット語のお祈りとその意味・文化、サンスクリット語文法、そしてラーマーヤナ原典など、コツコツ勉強されてきた方には特に、意味を深く掴めるクラスになると思います。コツコツ続けて来た勉強も、毎日果たして来た家庭や社会での役割も、全てはヴェーダーンタ(ウパニシャッド)の学びの準備の為にあると実感してもらえればと願っております。

ーーーーーーー

★テキストは当日お渡しします。

★クラススケジュール
10:00~       受付(10:25までにお越しください)
10:30~11:30 クラス① 
11:30~11:45 休憩 
11:45~12:45 クラス② 
12:45~14:00 ランチ 
14:00~15:00 クラス③ 
15:00~15:15 休憩
15:15~16:15 クラス④ 
16:15~16:45 質疑応答


詳細・申し込みはこちらのウェブサイトをご参照ください。
https://sites.google.com/view/vedanta-benkyokai/


 

 

 

2021年12月19日日曜日

情報技術と古典サンスクリット文法の知識の両輪の必要性

グーテンベルク以前にも活版印刷に繋がる技術は発明されていたけれど、彼が聖書の大量印刷を実現できたのは、彼の技術開発力のみならず、彼が職人には珍しく宗教・ラテン語教育を受けていて、誤植があってはならない聖書の校正ができたから、というような話を先日 #COTENRADIO で小耳に挟みました。

ここ数年、サンスクリット語文献がどんどんデジタル化されていますが、それらの殆どは、サンスクリット語文法の知識を持って校正される必要のあるものばかりです。
文法と内容そのものの無知から、間違った文章がコピペされ、それがネットを通じて拡散されている、というのが現状です。
 
私はこのパランパラー(知識の伝承)へのセーヴァーとして、ITリテラシーとサンスクリット語文法の知識の両方を持っている人を世界中に多く育成したいと願って常に活動しています。
 
ちなみに、私がサンスクリット語の文法書を多数発行できているのは、私がサンスクリット語文法において博学だからではなく、先生方から授かった知識を、単に毎日愚直にコツコツWordに打ち込んで、目をショボショボさせながら校正し続けている結果です。。
 
先日のギーター・ジャヤンティーにしつらえた祭壇

 

अक्षय्य [akṣayya] という言葉

今日のラーマーヤナ原典のクラスで出て来た言葉について質問があったので、皆さんともシェアしますね。

अक्षय्यं सुमहद्देवि प्रवृत्तं त्वद्विनाशनम् । रामं दशरथो राजा यौवराज्येऽभिषेक्ष्यति ॥ २-७-२०॥
akṣayyaṃ sumahaddevi pravṛttaṃ tvadvināśanam |
rāmaṃ daśaratho rājā yauvarājye'bhiṣekṣyati ||
2-7-20||

マンタラー(मन्थरा [mantharā])がカイケーイーの不安を煽る言葉を並べ立てて、彼女を自分の思い通りに動かそうとしているところです。

ここで使われている「अक्षय्य [akṣayya]」という言葉を見ると、
その成り立ちは「क्षि क्षये [kṣi kṣaye] 朽ちる」という動詞の原形からではないかという予想はつきますが、
そしたらなぜ、य् [y] がふたつあるのか?という疑問も出て来ます。

क्षि + यत् 3.1.97 अचो यत् । ~ कित्याः धातोः प्रत्ययः
क्षे + य 7.3.84 सार्वधातुकार्धधातुकयोः । ~ गुणः
क्ष् अय् + य 6.1.81 क्षय्यजय्यौ शक्यर्थे । ~ धातोः यि प्रत्यये 

このスートラは、6.1.78 एचोऽयवायावः । の延長のようなもので、अचि परे でなくても、यकारादौ प्रत्यये परे でも、अयवायावः が起きる事例です。

「可能である」という意味において(शक्यर्थे )、क्षि क्षये と जि जये の後に यत् が「可能」の意味において付加された場合、ए が अय् となる」という規定です。
それぞれ、क्षय्य(滅ばされ得るもの)जय्य(制圧され得るもの)という形と意味の言葉になります。

こうやって毎週2時間、じっくりとラーマーヤナのサンスクリット語の原典をじっくり勉強しているということは、奇跡のようなことです。

本当はインド人にこそ、しっかり勉強してもらいたいです。


 

2021年12月16日木曜日

サンスクリット語を学んでおられる方へ

WindowsでBarahaを使っている方へ質問です。

Q: WindowsのIMEで、ヒンディーなりサンスクリット語なりのデーヴァナーガリー文字を追加する必要はありましたか?
A1:はい。(どのように設定されましたか?)
A2:そんなこと知らないけど、使えています。
A3:その他(どのようにされましたか?)
お答えいただければ幸いです。
 
Baraha IME(サンスクリット語をWindowsのPCで打てるようにするための入力支援ソフト)の使い方をYoutubeにまとめようと思っているのですが、私自身あれこれいじっている間に使えるようになっているので、良く分からないことはいろいろあります。ゆえに、既に導入された方の経験をシェアしていただければ幸いです。
 
Macユーザー間でも、FBでコミュニティを作ったり、ノウハウをYoutubeやWebで公開するなど、積極的に情報共有することを推奨します。
 
特に、サンスクリット文法を学んでおられる方には、サンスクリット語の資料をデジタル化して広く共有するための貢献者になれるように努力されることを期待しております。
文法を何年も学んでいるのに「パソコン苦手なんで」という理由だけで、セーヴァーの機会を無くしてしまっていたら、せっかく文法を勉強している意味が無くなってしまっていますよ。
一緒に頑張りましょう。

2021年12月15日水曜日

ギーター・ジャヤンティーの会(2021年12月14日)のご報告

日本では約2年ぶりの対面のクラスでした。
この2か月間は日本での感染状況はほぼ収束していると言って良いレベルだったとは言え、
コロナ禍の中での初めてのクラスだったので、いろいろ心配もありましたが、
結果的には、『この吉兆なタイミングでクラスが出来て良かった!』と思える機会でした。
この機会を作って下さった文恵さんとご協力をしてくれた皆さんに感謝します。。

これからインドや日本、バリなどでバガヴァッド・ギーターを始めとするヴェーダーンタの集中講座がコンスタントに開催できますよう、この機会が幸先の良いスタートとなりますように。

ギーターチャーリヤ(バガヴァーン・クリシュナ)と、私の先生、ダクシナームールティ、そして、ガナパティのお写真に、参加者の皆さんによって捧げられた花と広島のレモン。

2年ぶりにお会いする方、初めてお会いする方とお話する中で、特に、オンラインでチャンティングの練習を地道に続けておられているというご報告をいただいたのは嬉しかったです。皆さん、是非是非、チャンティング練習のグループを作って、練習を続けて下さいね。


2021年12月3日金曜日

勉強会での「アンナダーナ」についてのお問い合わせのお答えとして

ヴェーダの文化では、ダーナ(与えること)は、人間としての心の成長に欠かせない行いとして、最も尊ばれている行為のひとつです。

特に、生きるものにとって無くてはならない食べ物を、身内以外の人々に与えることは「アンナ(食べ物)・ダーナ」と呼ばれ、特に尊ばれています。

インドの伝統では、「食べ物は、持っている人が皆に分配するもの」と考えられており、現代の日本のように「食べ物は、対価を払った人しか食べれないもの」ではありません。

「自分の分を払ったのだから、払った分だけ食べる権利がある」「みんなが払わないと不公平だ」 といった現代的な考えは、後に述べますが、『全ては与えられている』という事実の認識や感謝をさせなくしているように思います。

このことから、日本で開催するヴェーダーンタの勉強会でも、提供される食事は全て、個人が自分の分を支払うというのではなく、希望者による「皆さんへのアンナ・ダーナ(食事の提供)」で運営してもらうようにお願いしています。ゆえに、皆さんへの食事の提供(アンナダーナ)を希望される方のみ、アンナダーナを申し込んでください。

アンナダーナをしても、しなくても、勉強会で提供される食事をお腹いっぱい頂いたら、全ては与えられている』という事実をより実感できると思います。

食べ物だけでなく、勉強する機会も、そして最も重要な知識も、『全ては、与えられている』という事実を認識することが大事です。この事実が認識できたら、自然と感謝が生まれ、そして、与えられたものを受け取るばかりではなく、どのような形であれ、自分が与える側になろうとする気持ちが生まれます。与える側に立とうとする努力は、人間としての心成長の為に不可欠であり、人間としての心の成長は、ヴェーダーンタの理解に不可欠です。

 



ブログ内を検索

Medhaみちかの関連サイト

トピック

3年コース (2) AG-デスクトップレコーダー (1) Android phone (1) Brexit (1) Class in English (1) Google Calendar 活用 (1) Kindle (1) Lenovoのスマホ (3) LGBTQ (1) Mac (1) monthly bhagavadgita meeting (1) SDGs (2) TEDの感想 (1) tokyo (1) Vishnusahasranama Chanting Meeting in Osaka (1) Youtube (1) Zoom (4) Zoom Proの購入 (2) Zoomの使い心地 (1) Zoomの使い方 (4) ZOOMの使い方 (1) アシュラム (29) アドヴァイタ (2) アニマル・サンクチュアリ (1) アニマル・ライツ (1) アヒムサー (6) アフターコロナ (2) アメリカ (1) アメリカのアシュラム (3) アンコンシャス (1) アンタッカラナ・シュッディ (1) アンドロイド (2) アンナダーナ (1) インド (32) インドでのクラス (4) インドのお祭り (6) インドのキャンプのお知らせ (7) インドのスマホ (1) インドの牛 (3) インドの空港 (1) インドの植物 (1) インドの神々 (2) インドの定年退職後の生活 (1) インドの伝統文化 (38) インドの文化 (16) インドの野生動物 (9) インドビザ (1) インド時事 (1) インド舞踊 (1) インド旅行 (1) ヴィーガン農法 (1) ヴィシュ (1) ヴィシュヌ (2) ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストートラ (4) ヴェーダ (9) ヴェーダーンタ (131) ヴェーダーンタ・キャンプ (7) ヴェーダーンタのクラス (6) ヴェジタリアニズム (2) ヴェジタリアン (3) ヴェジリアン (1) ウパニシャッド (12) ウブド (2) エーカーダシー (4) エコベジ (4) エコ生活 (6) オリッシー (1) オンラインクラス (9) オンラインのクラス (20) お祈り (6) お知らせ (2) カースト制度 (3) カーラカ (1) ガネーシャ (1) カルマ・ヨーガ (1) ガンガー (1) がんばらない (1) ギーター (1) ギータープレス (1) ギフト (1) クラスについて (3) クラスのお知らせ (17) グルクラム (4) ケーララ州 (1) コインバトール (1) こうなるといいな (1) ゴーセーヴァー (2) コーラム (1) こども (1) これから実現していくこと (4) コンパッション (3) サットヴァ (2) サラッスヴァティー (1) サンクスギビング (1) サンスクリット (43) サンスクリットのおさらい (2) サンスクリット語 (18) サンスクリット語の文字入力 (2) サンスクリット語は死語か? (5) サンスクリット語講座 (16) サンスクリット語文法 (12) ジェンダー問題 (1) ジャリカットゥ (1) シャンカラーチャーリヤ (1) ジョーティシュ (1) スカイプ (2) スカイプの録画 (1) スケジュール (1) スピリチュアリティ (2) スピリチュアル (1) スワミジの言葉の訳 (3) セレンディピティ (1) ゾーニング (1) ダーナ (1) ダクシナ (1) ダクシナー (1) タットヴァボーダ (1) タミルの新年 (1) タミル文化 (1) ダヤーナンダ・パンチャカム (1) ダルマ (6) チャンティング (7) デーヴァナーガリー (1) デュアルカメラ (2) テンプル (1) ドネーション (1) ナヴァラートリー (1) パーニニ (10) バガヴァッド・ギーター (16) バガヴァッドギーター (3) ハヌマーン (1) パブリックトーク (1) バラモン (1) バリ (4) バリ島 (1) バリ勉強会 (3) ビデオ (1) ビルゲイツ (1) ヒンドゥー (1) ヒンドゥー教 (5) プ―ジヤ・スワミジ (2) ファスティング (2) プージヤ・スワミジ (4) プージャー (5) プラサーダム (1) プラマーナ (1) ブルー・リリー (1) プレゼント (1) ペイ・フォワード (1) ベーシックインカム (1) ベジタリアニズム (7) ベジタリアン (21) ベジマーク (2) ポンガル (1) マイケルムーア (1) マイソール (1) マハーバーラタ (2) マントラ (1) メタ認知 (1) ユヴァル・ノア・ハラリ (1) ヨーガ (9) ヨーガとは (5) ヨガ (10) ラーマーヤナ (5) ラマナ (1) ランゴーリ (1) リアリティ (1) リシケーシュ (2) リシケシ (5) レコーディング・スタジオ (1) レビュー (1) 愛されたいという気持ちについて (1) 暗記 (1) 意識の研究 (1) 英語学習 (2) 園芸 (9) 何をするべきか (2) 科学 (1) 火の儀式 (1) 絵画 (1) 開発 (1) 環境 (6) 環境問題 (1) 観光 (1) 寄付 (2) 機内食 (1) 気になる日本語 (1) 祈り (13) (2) 教科書 (1) 偶有性 (1) 経済学 (1) 結婚 (1) 月下美人 (1) 月例バガヴァッドギーターの会 (2) 言語学 (3) 語源 (1) 広島キャンプ (1) 広島月1講座 (2) 貢献活動 (2) 国際感覚 (1) 今日のひとこと集 (1) 菜食主義 (2) 思考停止 (1) 支援 (1) 私と生徒の書簡より (4) 資本主義 (1) 時事 (1) 自己肯定 (1) 自己否定 (1) 自分の存在価値 (1) 自由 (1) 自由意志 (1) 質疑応答 (2) 質問 (2) 手作り化粧水 (1) 宗教 (4) 書評 (5) 書評‘ (3) 食べ物 (1) 新しい生活様式 (2) 新宿ヴェーダーンタ (2) 真実について (1) 人生の意味 (1) 世界各地でのクラス (1) 生物多様性 (1) 千葉のクラス (1) 占星術 (1) 潜在意識 (1) 存在論 (1) 多田将 (1) 多文化共生 (1) 大阪でのクラス (4) 大阪月2講座 (3) 知らない間に自然とサンスクリット語が出来るようになるシリーズ (6) 地産地消 (1) 池田晶子 (1) 畜産 (1) 著書 (1) 長期コース (1) 定期講座 (15) 哲学 (1) 東京でのクラス (7) 東京月1講座 (7) 徳島でのクラス (1) 読書感想 (2) 南インド (1) 日記 (40) 日本 (6) 日本でのクラス (29) 日本語とサンスクリット語と英語。 (2) 日本語のヴェーダーンタ・コース (23) 日本語の文法 (2) 日本語訳 (1) 認識論 (1) 廃業 (1) 八支則 (1) 復習マテリアル (1) 福岡月1講座 (4) 文化人類学 (1) 文献 (1) 文法 (1) 平和 (3) 勉強会 (8) 無知の知 (1) 名古屋でのクラス (3) 名古屋月1講座 (2) 予定 (4) 落合陽一 (1) 旅行 (1) (2) 蓮の育て方 (1)