2018年7月12日木曜日

पदच्छेदः and अन्वयः of ध्यानश्लोकs of Vishnusahasranamastotram


東京と広島の月1ヴェーダーンタ勉強会で勉強している、
ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストーットラムのディヤーナ・シュローカについて、
パダッチェーダ(サンディを外して単語ごとに区切る)と、
アンヴァヤ(単語を意味に沿って文章として繋げなおす)を、
スワミジの本にある英訳に、各単語を当てたものを添えて、
パパっと30分ほどで仕上げてみました。 

क्षीरोदन्वत्प्रदेशे शुचिमणिविलसत्सैकते मौक्तिकानां मालाकॢप्तासनस्थः स्फटिकमणिनिभैर्मौक्तिकैर्मण्डिताङ्गः ।
शुभ्रैरभ्रैरदभ्रैरुपरिविरचितैर्मुक्तपीयूषवर्षैरानन्दी नः पुनीयादरिनलिनगदाशङ्खपाणिर्मुकुन्दः ॥
[पदच्छेदः]
क्षीर-उदन्वत्-प्रदेशे 7/1 शुचिमणि-विलसत्-सैकते 7/1 मौक्तिकानाम् 6/3 माला-कॢप्त-आसनस्थः 1/1 स्फटिक-मणि-निभैः 3/3 मौक्तिकैः 3/3 मण्डित-अङ्गः 1/1 शुभ्रैः 3/3 अभ्रैः 3/3 अदभ्रैः 3/3 उपरि-विरचितैः 3/3 मुक्त-पीयूष-वर्षैः 3/3 अनन्दी 1/1 नः 2/3 पुनीयात् III/1 अरि-नलिन-गदा-शङ्ख-पाणिः 1/1 मुकुन्दः 1/1
[अन्वयः]
अनन्दी अरि-नलिन-गदा-शङ्ख-पाणिः मुकुन्दः (तस्य) उपरि-विरचितैः शुभ्रैः अदभ्रैः मुक्त-पीयूष-वर्षैः अभ्रैः (सह) नः पुनीयात् ।
(सः कीदृशः?) शुचिमणि-विलसत्-सैकते क्षीर-उदन्वत्-प्रदेशे मौक्तिकानाम् माला-कॢप्त-आसनस्थः;
स्फटिक-मणि-निभैः मौक्तिकैः मण्डित-अङ्गः ।
 
May that Lord Mukunda (मुकुन्दः), who is happy being himself (अनन्दी), who has in His hands the wheel, the lotus, the mace and the conch (अरि-नलिन-गदा-शङ्ख-पाणिः), whose limbs are decked (मण्डित-अङ्गः) with pearls (मौक्तिकैः) which are as clear as crystal (स्फटिक-मणि-निभैः), who is seated on an āsana, embellished by laces (माला-कॢप्त-आसनस्थः) of pearls (मौक्तिकानाम्), in the abode of the milky ocean (क्षीर-उदन्वत्-प्रदेशे), with the sand shining, like the pure precious stones (शुचिमणि-विलसत्-सैकते), under a canopy (उपरि-विरचितैः) of white (शुभ्रैः), water-laden (अदभ्रैः) clouds (अभ्रैः) pouring the rain of amṛta (मुक्त-पीयूष-वर्षैः) – purify (पुनीयात्) us (नः).



भूः पादौ यस्य नाभिर्वियदसुरनिलश्चन्द्रसूर्यौ च नेत्रे कर्णावाशाः शिरो द्यौर्मुखमपि दहनो यस्य वास्तेयमब्धिः ।
अन्तस्स्थं यस्य विश्वं सुरनरखगगोभोगिगन्धर्वदैत्यैश्चित्रं रंरम्यते तं त्रिभुवनवपुषं विष्णुमीशं नमामि ॥
[पदच्छेदः]
भूः 1/1 पादौ 1/2 यस्य 6/1 नाभिः 1/1 वियद् 1/1 असुः 1/1 अनिलः 1/1 चन्द्र-सूर्यौ 1/2 0 नेत्रे 1/2 कर्णौ 1/2 आशाः 1/3 शिरः 1/1 द्यौः 1/1 मुखम् 1/1 अपि 0 दहनः 1/1 यस्य 6/1 वास्तेयम् 1/1 अब्धिः 1/1 । अन्तस्स्थम् 1/1 यस्य 6/1 विश्वम् 1/1 सुर-नर-खग-गो-भोगि-गन्धर्व-दैत्यैः 3/3 चित्रम् 1/1 रंरम्यते III/1 तम् 2/1 त्रिभुवन-वपुषम् 2/1 विष्णुम् 2/1 ईशम् 2/1 नमामि I/1
[अन्वयः]
यस्य (विष्णोः) पादौ भूः, नाभिः वियद्, असुः अनिलः, नेत्रे चन्द्र-सूर्यौ च, कर्णौ आशाः, शिरः द्यौः, मुखम् अपि दहनः, यस्य (विष्णोः) वास्तेयम् अब्धिः;
यस्य (विष्णोः) अन्तस्स्थम् सुर-नर-खग-गो-भोगि-गन्धर्व-दैत्यैः चित्रम् विश्वम् रंरम्यते;
तम् त्रिभुवन-वपुषम् ईशम् विष्णुम् नमामि

I salute (नमामि) the Lord (ईशम्) Viṣṇu (विष्णुम्), who is in the form of the three worlds (त्रिभुवन-वपुषम्); the one for whom (यस्य) the earth (भूः) is the feet (पादौ), they sky (वियद्) is the navel (नाभिः), vāyu (अनिलः) is the breath (असुः), the sun and the moon (चन्द्र-सूर्यौ) are the two eyes (नेत्रे), the quarters (आशाः) are the ears (कर्णौ), the heaven (द्यौः) is the head (शिरः), fire (दहनः) is the mouth (मुखम्), the ocean (अब्धिः) is the bladder (वास्तेयम्); this entire variegated (चित्रम्) universe (विश्वम्) -  consisting of the devas, human beings, birds, cows, reptiles, celestials, and demons (सुर-नर-खग-गो-भोगि-गन्धर्व-दैत्यैः) -  is present within (अन्तस्स्थम्) Him (यस्य) and dancing beautifully (रंरम्यते) within Him. To that (तम्) Lord Vāsudeva, my salutations.

2018年7月9日月曜日

プージャーの解説をした小冊子を作ってみました

15日の新宿でのイベントでのクラスに使う、
16ステップ・プージャーで執り行われる、
各ステップの意味と、そこで使われるシュローカの意味を、
小冊子にまとめてみました。

当日までに印刷して、ステープルして(どうやって?)
参加者のみなさんに配布するつもりです。

何の為に何をやっているのか?何を言っているのか?
というところにフォーカスした内容になっています。

ここにもっと、カルマ・ヨーガとのつながりについての前書きを入れたり、
実際にプージャーする人用に、何をどうするかの説明をいれて、
音源や、できればビデオも用意していきたいですね。

ありとあらゆるインドの伝統文化を理解する上で、
さらには、その伝統文化の根源となっている
ヴェーダーンタが教える現実を理解する上で、
イーシュヴァラの認識に特化した行為である
「プージャー」はとても大切です。

サンニャーシンは基本、プージャーをしませんが、
だからといって、学生期や家庭期をまっとうすらしていない日本人が、
サンニャーシンのマネをして、プージャーをバイパスしようとするのは、
結果的に本人の正しい認識の為に役立ちません。

良く分からないなりにも、理解に努めることが大事です。

तव तत्त्वं न जानामि कीदृशोऽसि महेश्वर ।
यादृशोऽसि महादेव तादृशाय नमो नमः ॥
tava tattvaṃ na jānāmi kīdṛśo'si maheśvara |
yādṛśo'si mahādeva tādṛśāya namo namaḥ ||

あなたの本質を私は知りません。マヘーシュヴァラよ!

あなたは何者なのでしょうか?
マヘーシュヴァラよ!
あなたが何者であろうと、その者であるあなたに、
常にナマスカーラを捧げます。

ヴェーダーンタについて何も知らない人には、
当てずっぽうでいい加減なお祈りに聞こえるかも知れませんが、
お祈りに使われるシュローカの意味は、
ヴェーダーンタのヴィジョンを深く愉しめるシュローカばかりです。




2018年7月5日木曜日

2018年9月9日も千葉で文法講座をします。

「バガヴァッド・ギーター」「ウパ・ニ・シャッド」「ヴェーダ・アンタ」等々、サンスクリット語には、サマーサと呼ばれる複合語がたくさんあります。

ゆえに、サマーサ(複合語)の作り方・理解の方法を知っておくと、
ヴェーダーンタの言葉への親近感がぐっと増すので、
文法を習い始めた早い段階からサマーサを勉強することをお勧めします。他の文法トピックの積み重ねがそんなに必要ありません。

サンスクリット語の文法では、このサマーサ(複合語)の作り方・理解の方法が、とても理に適った形で整然と説明されています。
ゆえに、サマーサを学ぶことで、サンスクリット語だけでなく、
自分の母語や他の言語での思考も、ぐっと明晰になるのですよ!
All are welcomeです。
これを機に、サンスクリット語を学ぶ楽しみを味わってみてください。
ちさとさんが、より楽しみを深めるための準備講座やフォローアップをしてくださいますので、参加される方は、そちらも是非チェックしてくださいね。
詳細は後程決まり次第お知らせします。

2018年7月4日水曜日

言葉の成り立ちを文法的に見る(ルーパシッディ)


 バガヴァッドギーター6章3節に出てくる「योगारूढ」という言葉の文法的形成を聞かれたので、シェアしますね。我ながら、自分で編集した「अष्टाध्यायीसूत्रपाठः」は使い易い。。



रु॒हँ बीजजन्मनि प्रादुर्भावे च 1PA to germinate; to rise; to grow; to reach
आङ् + रुह् = To ascend, mount, bestride, get upon, attain, gain, reach (acc., loc.)

रुह् + क्त            3.4.72 गत्यर्थाकर्मकश्लिषशीङ्स्थासवसजन-रुह-जीर्यतिभ्यश्च । ~ क्त कर्तरि
रुह् + त             1.3.2 उपदेशेऽजनुनासिक इत्।, 1.3.9 तस्य लोपः ।
रुढ् + त             8.2.31 हो ढः । ~ झलि
रुढ् + ध             8.2.40 झषस्तथोर्धोऽधः ।
रुढ् + ढ             8.4.41 ष्टुना ष्टुः । ~ स्तोः
रु + ढ               8.3.13 ढो ढे लोपः ।
रू + ढ               6.3.111 ढ्रलोपे पूर्वस्य दीर्घोऽणः।

योगम् आरूढः इति योगारूढः
By taking only “द्वितीया” from 2.1.22 by योगविभाग, the second case ending word is compounded with another सुबन्त.



2018年7月2日月曜日

新宿ヴェーダーンタのお知らせ

2018年7月15日は、
オリッシー舞踏家の松尾翔太郎さんの主催により、
とっても楽しそうな勉強会をする運びとなりました。
以下、紹介文のそのままのコピーです。


観る!聴く!食べる!インドの叡智、ヴェーダンタ入門1 DAY グルクラム
~メーダー みちか先生をお迎えして~

みちか先生は、インドの伝統的なグルクラム(学校)で世界中の生徒にヴェーダンタを教えている日本人です。
明確な言葉で語られるみちか先生のヴェーダンタの講座、インドのグルクラム風の食事、松尾翔太郎の古典舞踊オリッシーとプチ講座を交え、初めての方にも、楽しく、総合的に、インドの叡智に触れられるプログラムです。

ヴェーダンタは「私とは何かを知る手段」です。古くからインドで師から弟子へ脈々と受け継がれている叡智です。その伝統の教えの流れを直接受け取ることが出来るのはとても貴重なことなのです。本やインターネットではなく、直接、先生からの教えを受けてみてください。密度が違います。
ヴェーダンタを日本で日本語で日本人の先生から学べるというチャンスです。

■日時  2018年7月15日(日)9:10~17:00 ※昼食の無償提供あり
■場所 東京都新宿区 四谷区民センター 11階 集会室
■参加費 2000円
■定員 30名

★予約方法
参加に予約が必要です。FBの参加申し込みだけでは予約になりません。
こちらのフォームに入力し、送信ボタンを押してください。
定員になり次第、キャンセル待ちとなります。
お問い合わせ、質問もこちらのフォームで受け付けます。
https://goo.gl/forms/p1teiEXW53hPsnPh2
フォームに入力出来ない場合はメッセージにて承ります。
(主催:松尾翔太郎)

●---------- プログラム ---------- ●
9:10 開場
9:30~11:00 ①ヴェーダンタって何?
11:00~12:00 昼食(ビクシャー)
12:00~13:30 ②チャンティング《グルヴァンダナ(先生への祈り)》  
(10分休憩)
13:40~13:55 ③踊りのレクチャー《グルヴァンダナ》(松尾)
13:55~14:55 ④プージャ(祈りの儀式)のデモンストレーションと解説
(10分休憩)
14:05~15:25 ⑤インド古典舞踊オリッシーダンスのプログラム(2曲)(松尾)
休憩5分
15:30~16:30 ⑥みちか先生のグル、スワミ・ダヤーナンダジのこと
17:00 終了

●---------- 講師プロフィール ---------- ●

【 ヴェーダンタ講座 】 メーダー みちか ( Medha Michika )
スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーの直弟子。
同師のもと、聖地リシケシとタミルナードゥ州のアルシャヴィディヤグルクラムで、ヴェーダーンタとサンスクリット語文法と三大聖典を学ぶ。同グルクラムにおいてサンスクリット語文法や文献の読解法を日本人初の教員として指導している。
文法書や祈り、ヴェーダーンタの入門書など、著書多数。

【 インド古典舞踊 】松尾翔太郎
東インド古典舞踊オリッシーを安延佳珠子に師事。インド、オリッサ州にてオリッシー学校SRJANにてグル・ラティカント・モハパトラに師事。
インド、ケララ州の聖者アンマのアシュラムや東京のインド大使館でのイベントなどで踊りを披露している。

●---------- 備考 ---------- ●

★ダクシナ(教えへのお礼)をしたい方は受け付けます。いただいたダクシナは主に寄付に使っています。(封筒に入れて講師に直接お渡しください)

★昼食の無償提供(ビクシャー)
アンナ・ダーナ(食事代を寄付すること)を当日受け付けています。いくらでもかまいません。箱に寄付を入れて、お名前をご記帳ください。アンナ・ダーナをされた方は当日会場にてお名前を掲示いたします(匿名も可)。
ぜひトライしてみてください。

2018年6月29日金曜日

書簡より


ヴェーダーンタとは、
全ての本質はNon-dualであり、
それが自分に他ならなことを、
知るための手段(プラマーナ)です。 

世界や自分の現実に関しての混乱のある場所は頭ですし、
理解が起きる場所も頭です。 
ゆえに、「理解した」に「頭で」と付けなくてもいいはずなのですが、 
理解したつもりでも、心の中のごちゃごちゃが曇りとなって、
ぼんやりとしか理解できなくなったり、
間違えて理解したり、
分かったと思っても忘れてしまったり、
といった様々なことが起きてしまいます。

ヴェーダーンタに出会うと、
この世界にある全てのものは、
自分の心を成長させ、心の曇りを取り払うために与えられていたのだ、
と気づきます。


ヴェーダーンタの勉強をつづけながら、
自分の人生、自分の役割という、
自分の心の成長に最高に適したプログラムを活用するのが、
ヴェーダの教える、人間の特権を最も活かした生き方です。

2018年6月26日火曜日

今後のざっくりとした予定:


10月までの予定は決まっていますが、
9月後半の週末が空いているので、欧州やアメリカにご縁があれば行きたいな、と思っています。
10月後半 リシケシ
11月前半もリシケシにいるので、お声がけください。
11月17~26日 コインバトールにて日本語ヴェーダーンタ・キャンプ
12月~2月 南インドでお付き合いのある方々のところを訪問したり、
日本でキャンプがあれば帰ってきたり、外国にもご縁があれば行ったりするつもりです。
2月後半 グルクラムにて、5日間までの短期日本語ヴェーダーンタ・キャンプを考えています。
3月4日のマハーシヴァラートリーのあたりにもインドでキャンプをするかもしれません。

2018年6月6日水曜日

書簡より

コミュニケーションがうまくいかないとき、
特に、阿吽の呼吸に甘えがちな親しい人との間では、
言葉の定義がお互いの中で食い違っていないか確認してみるのは、
問題解決に役立ちますよ。

2018年6月4日月曜日

質問:サンスクリット語にはSVOみたいな基本文型はあるの?

回答:
無くても大丈夫です。

 サンスクリット語は、原文の語順に頼らなくても、
1)名詞の格を頼りに、
2)全体の意味を知っている先生を頼りに、

文章の中の単語をつなげて理解すること(アンヴァヤ)ができます。

日本語でも、単語の順序がある程度バラバラでも、
一つの文章としてまとまって理解することができますね。
それと同じことです。
例えば:
私は 昨日 カレーを 食べた。
昨日 私は カレーを 食べた。
昨日 カレーを 私は 食べた。
カレーを 昨日 私は 食べた。
カレーを 私は 昨日 食べた。
全部同じ状況を表していますね。感じ方に差は生じますが。
「食べた」も、どこにあっても、意味は通じますが、
一番後ろにないと、不自然な文章になりますね。

サンスクリット語の場合は、動詞の「食べた」がどこに来ても大丈夫ですが、
それでもやっぱり、分かり易い語順というものがある。
読みやすい語順に並べ替えることを、アンヴァヤと言います。

その語順は、日本語の自然な語順と、ほぼ同じです。
良かったですね。
これは、日本語を母語とする人が、サンスクリット語を勉強する上での、
唯一のアドヴァンテージだと思います。

ヒンディーやタミルなどのインド語の多くも、語順の並び方は同じだそうです。

西欧言語を母語とする人には、語順というものが文章読解の命綱です。
しかし、アンヴァヤに使われる語順は、自分たちの慣れている語順とは違うから、
アンヴァヤに使われる語順をいちから学びなおさないといけなくなるのです。

ゆえに、西欧言語を母語とする人たちにアンヴァヤを教えるのは大変ですが、
日本人やインド人にアンヴァヤを教える時には、ほぼ何も説明しなくて済むので、
学習者にも教える側にも、都合が良いです。

サンスクリット語の散文は、ほとんどアンヴァヤが要りませんが、
韻文の場合はアンヴァヤが無ければ理解不可能、というものは少なくありません。

特に、
同格同数の名詞が多くある場合、それらの名詞間の関係を読み解かなければならない。
例えば、形容詞と形容されている名詞の関係や、因果関係(AゆえにB,ゆえにC)など。
また、動名詞にはそれぞれの名詞がつながるので、アンヴァヤが必要。
例えば、「母が 作った カレーを、お父さんが 作った スプーンで テレビを 見ながら 食べた。」 のような場合、どの名詞がどの行動に繋げるかが、アンヴァヤによって変わってきますね。
「お父さんが スプーンで 作った テレビを 食べた」のようにならないためにも、正しいアンヴァヤが必要です。


2018年6月1日金曜日

「ヨーガのゴール」じゃなくて「ダルマのゴール」がヴェーダーンタなのですよ。

このタイトルを見て、
ヴェーダーンタを正しく勉強し理解している人なら、
すっきり、しっくり来るはずです。


「ダルマのゴールはヴェーダーンタ」の方が、
よりヴェーダの教えの言葉に忠実で、正直で、誤解を招かない、的確な表現です。

ヴェーダの最後の部分で教えられているモークシャの為に、
ヴェーダの前の部分でダルマが教えられているのですから。

 「ヨーガのゴールはヴェーダーンタです」じゃないの?!
と感じる人は、 「 ヨーガ」という言葉に囚われすぎて、ヨーガの呪縛から、
ヴェーダーンタとは何かがクリアーに見えていないのかもしれません。
 

ヨーガからヴェーダーンタに来た人には、
自分が信念を持っている「ヨーガ」を完全にしたくて、
ヴェーダーンタをヨーガの座学として勉強している人が多いのでは?と感じています。


ヨーガを勉強している人は、ヨーガへの思い入れがとても強い人が多いですが、
その一方で、
結局ヨーガにどれだけの意味があるのか、ヨーガが何に繋がっているのか、
自分が教えている立場の人でさえ、分からなくて迷っている、
という状況も一般的です。

そこに、救世主のように、「ヨーガのゴールはヴェーダーンタ」 と言われたら、
縋りつきたくなり、「自分のヨーガは正しいのだ!」と認証してもらいたいから、
ヴェーダーンタを勉強する、という形になってしまっているのだと思います。

結局どこまで行っても、ヨーガが大好きで、ヨーガが中心で、
ヴェーダーンタはヨーガを輝かせるアクセサリーのようなもの、
ヨーガを完成させてくれる黄金バッジのようなもの、と思っていないか?
と自己確認する必要があるかもしれませんね。

きっかけは何であれ、ヴェーダーンタに出会えたことは、
この上なくラッキーなことですから、
ヨーガ等のきっかけに囚われすぎて本質が見えなくなっている、
ということにならないように、何のためにヴェーダーンタを勉強しているのかを、
見直す材料としてもらえるよう、これを書いています。

 ヨーガという言葉

 百人の人に「ヨーガって何?」とたずねると、百通りの答えが返って来るでしょう。
マットの上での体操だけでなく、マットの上での「気付き」や「幸福感」などや、
マットの外でもどーたらとか、自分やヨガティーチャー自慢の「オレ哲学」「わたし哲学」が、 ヨーガという言葉を核として雪だるま式にこびりついています。
(そもそもマット内・マット外って、マットが基準になってるのがアホくさい。 )

そして、ヨーガをしている人は、ヨーガへの思い入れが執着のように強いので、
今までの理解を完全に手放して、新しい定義を受け入れることが困難です。
特に、ヨーガスートラなどの、ヴェーダーンタと同じボキャブラリーを使う文献を勉強している人には、ヨーガとヴェーダーンタの分別は、困難を極めます。

ギーターで教えられているカルマ・ヨーガと、八支則のヨーガと、
マットの上のヨーガを全てこじつけて理解している人も多いと聞きます。
 
だから、今の日本では、ヨーガという言葉を使ってヴェーダーンタを教えるのは、
避けた方がいい、というのが、 日本に帰って来て、現状を知ってからの感想です。
 「ヨーガのゴールはヴェーダーンタです」というキャッチフレーズは、
もうお手上げレベルの混乱を巻き起こしているように私には見受けられます。

言葉はコミュニケーションの為にあります。
コミュニケーション・ギャップを生むような言葉は、
出来るだけ避けなければならない、というのは基本中の基本です。
正確さが要求されるコミュニケーションなら、なおさらです。

正確なコミュニケーションが必要なヴェーダーンタの授業では、
わざわざ誤解を生むような言葉を使うようなことは避けるべきです。

実際、日本に来てから、パブリックで話すときには、
ヨーガという言葉の使用は極力避けています。

そして、 
ヨーガという言葉を一切使わなくても、モークシャとは何か、
だけでなく、モークシャをゴールに見据えた生き方は、
完全にコミュニケートできます。


バガヴァッド・ギーターの始まりに、
シャンカラーチャーリヤが、ヴェーダの全体像、
すなわちギーターの全体像を説明するコメンタリーを書いています。
もちろんそれは、モークシャと、モークシャをゴールに見据えたふたつの生き方についてです。
そのコメンタリーの中でシャンカラーチャーリヤは、
ヨーガという言葉を一切使っていません。

何度も言いますが、ヨーガという言葉を使わなくても、
モークシャに関わる知識の全ては、コミュニケートできます。

そもそも、ヨーガという言葉の意味の定義には、ありとあらゆるものがあります。
また、ヨーが哲学の教えるモークシャやイーシュワラは、
ヴェーダーンタのそれと全く違います。 この点が認識されていないから、ヨーガとヴェーダーンタが安易に混同されるのだと思います。


私のヴェーダーンタのクラスのタイトルには、
ヨーガをいう言葉を使うのも避けていますし、
ヴェーダーンタのキャンプ等にヨーガのクラスを入れるのも、
混乱を招く元なので避けています。
(自己の心身の管理にどの手法を使うかは自由ですから、ヨーガなり何なり、個人に合ったものを個人的に授業時間外にするのは、自由にしてもらっています。)


ヨーガという言葉の再定義を、一般向けに図ってみても、
結果的に失敗しているとしか言えないのが現状です。
「ヨーガとはただマットの上でするだけのものではないことが分かりました」
ぐらいでは、再定義がきちんと図れたことにはなりません。
それが証拠に、ヴェーダーンタをヨーガの座学だと信じている人は多いと思います。
正直、ヴェーダーンタのクラスを、座学です、と紹介されたら、
座学って?ヴェーダーンタのクラスって日本では体操とセットにされてる?体操のクラスだと勘違いする人が来るようなものなの???と思いますね。
 
ヴェーダーンタに出会う前にも、ヨーガの名のもとに哲学的なことを、ヨガティーチャー達やSNSなどであれこれ十分聞かされている人が殆どでしょうし、そのような状況は、ヴェーダーンタを聴いた後にもずっと続くのですから、ヨーガという言葉を、ヴェーダーンタとごっちゃにされないようにするのが、教える立場の責任だと思っています。

ヨーガとヴェーダーンタがごっちゃになっている日本の現状については、
1時間くらいゆうに話せます。
ヨーガという言葉に付着しているあれこれに捕まっていては、
ヴェーダーンタの理解が進まなくなってしまうので、
きちんとまとめてお話ししたいと思っています。


ヨーガをしていてヴェーダーンタに出会えた人は日本では多いかも知れませんが、
それは、その人のダルマ(プンニャ)が、たまたまその人にはヨーガを通して、という形で実っただけのことで、ヴェーダーンタに連れて来てくれたのは、今世と前世までのプンニャなのです。十分なプンニャさえあれば、ヨーガを介さなくても、何らかの形でヴェーダーンタに辿り着きますし、インドでは私も含めそっちの方が一般的です。


真面目に生きる意味はあるの?
そもそも真面目に生きるって何?
人や動物に思いやりを持って、結局自分に何かいいことあるの?
人間VS人間、人間VS自然、という世界観。
「ダルマのゴールがモークシャ」というヴィジョンが無ければ、
人生は五里霧中です。


ヨーガとヴェーダーンタの混乱について、解くカギになりますので、
質問やご意見・ご感想はいつでもWelcomeです。
下のフォームをご利用ください。

ブログ内を検索

トピック

3年コース (1) AG-デスクトップレコーダー (1) Android phone (1) Brexit (1) Google Calendar 活用 (1) Lenovoのスマホ (3) Zoom (1) Zoom Proの購入 (1) Zoomの使い心地 (1) Zoomの使い方 (1) ZOOMの使い方 (1) アシュラム (26) アヒムサー (1) アンコンシャス (1) アンタッカラナ・シュッディ (1) アンドロイド (1) インド (20) インドのお祭り (3) インドのキャンプのお知らせ (1) インドのスマホ (1) インドの牛 (1) インドの植物 (1) インドの神々 (1) インドの定年退職後の生活 (1) インドの伝統文化 (26) インドの文化 (10) インドの野生動物 (9) インドビザ (1) インド時事 (1) インド旅行 (1) ヴィシュ (1) ヴィシュヌ (1) ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストートラ (1) ヴェーダ (1) ヴェーダーンタ (54) ヴェーダーンタ・キャンプ (1) ヴェジリアン (1) ウパニシャッド (11) ウブド (1) エーカーダシー (1) エコベジ (4) エコ生活 (6) オリッシー (1) オンラインのクラス (4) お知らせ (1) カースト制度 (3) カーラカ (1) ガネーシャ (1) カルマ・ヨーガ (1) がんばらない (1) ギータープレス (1) ギフト (1) クラスについて (3) クラスのお知らせ (11) グルクラム (1) コンパッション (3) サンクスギビング (1) サンスクリット (37) サンスクリットのおさらい (2) サンスクリット語 (4) サンスクリット語は死語か? (5) サンスクリット語講座 (12) ジャリカットゥ (1) ジョーティシュ (1) スカイプ (2) スカイプの録画 (1) スケジュール (1) スピリチュアリティ (2) スピリチュアル (1) ダーナ (1) ダクシナ (1) タットヴァボーダ (1) タミルの新年 (1) タミル文化 (1) ダヤーナンダ・パンチャカム (1) ダルマ (1) チャンティング (4) デュアルカメラ (2) パーニニ (5) バガヴァッド・ギーター (9) バリ (3) バリ勉強会 (2) ビデオ (1) プ―ジヤ・スワミジ (2) プージヤ・スワミジ (3) プージャー (2) プラサーダム (1) ブルー・リリー (1) プレゼント (1) ペイ・フォワード (1) ベジタリアニズム (1) ベジタリアン (12) マハーバーラタ (2) ヨーガ (8) ヨーガとは (5) ヨガ (7) レビュー (1) 園芸 (9) 何をするべきか (1) 火の儀式 (1) 環境 (6) 環境問題 (1) 寄付 (2) 祈り (2) (1) 経済学 (1) 月下美人 (1) 広島キャンプ (1) 広島月1講座 (2) 今日のひとこと集 (1) 菜食主義 (1) 思考停止 (1) 私と生徒の書簡より (2) 質疑応答 (2) 質問 (1) 手作り化粧水 (1) 宗教 (1) 食べ物 (1) 新宿ヴェーダーンタ (1) 世界各地でのクラス (1) 千葉のクラス (1) 潜在意識 (1) 大阪でのクラス (2) 大阪月2講座 (3) 知らない間に自然とサンスクリット語が出来るようになるシリーズ (6) 定期講座 (14) 東京でのクラス (4) 東京月1講座 (6) 日記 (32) 日本 (3) 日本でのクラス (18) 日本語とサンスクリット語と英語。 (1) 日本語のヴェーダーンタ・コース (9) 日本語の文法 (1) 八支則 (1) 復習マテリアル (1) 福岡月1講座 (2) 文法 (1) 平和 (1) 勉強会 (4) 名古屋でのクラス (2) 名古屋月1講座 (2) 予定 (3) (2) 蓮の育て方 (1)

Medhaみちかの関連サイト