2016年12月13日火曜日

感慨無量

 
今日は授業の合間に、ギーターの4章18節の
ちょっと長めのバーシヤ(シャンカラーチャーリヤのコメンタリー)を
おさらいしてまとめたり、一日一語の記事を書くために、
タイッティリーヤ2章のマントラのバーシヤを読んだりしながら、
何百年、何千年の時間を超えて、シャンカラーチャーリヤや、
ヴィヤーサ、そしてヴェーダのマントラを発見したリシ達が
私たちの為に残した言語そのものを読み、
彼らと同じヴリッティが頭の中で起きている、
(主題が今ここにいる自分でリミットレスですから、
エントロピーの対象ではありませんのでね!)
そんな事実に対して、出る言葉と姿勢は、
श्रीगुरुभ्यो नमः । धन्योऽस्मि । しかありません。。。
 
 

Medhaみちかの関連サイト