2017年5月16日火曜日

世界平和について プージヤ・スワミジのパブリック・トークより


世界平和を実現したいのなら、
まず最初に各宗教のリーダー達自身が平和であるべきです。
彼ら自身が自分の中でリラックスしているべきです。

リラックス出来るようになるには、
自分達が毎日崇めているのは一体何なのか、
きちんと問いかけ、見直してみるべきです。

皆、「どのようにして崇めるべきか」ばかりを見ているのです。
(改宗により)人々の名前を変えたい、
神の崇めかたを変えたい、そのようなことしかしていません。
(だから争いが絶えない)

-------

「自分達が崇めているのは一体何なのか」
について、きちんと理性的・理論的に考えて問いかけることが
推奨されている伝統に出会えて良かった、
とつくづく思います。

「神様って何なの?」
「神様は全知全能って、それどういうこと?」
はまだしも、
「無形の神様が、天国にいたり、男性だったりするのって矛盾してない?」
なんて問いかけたら、普通は首はねられますよね。

「考えちゃダメ」
「明確には出来ないものですから考えてもムダですよ」
「考えるの止めましょう」
なんて言う団体とは付き合ってられない性格で良かった。。

Medhaみちかの関連サイト