2017年2月6日月曜日

象のいる生活

昨夜は窓越しの至近距離から象さんを見ることが出来ました。
大きなオスの一匹象でした。

部屋のすぐ後ろにあるマンゴーの木をあたかも爪楊枝のように巨大な鼻でへし折って、マンゴーを一個ずつ拾って食べていました。

大人のオス象一頭。暗闇の中に真っ黒なシルエットが信じられない位太い鼻と足を持つ巨体を表し、そこに立派に弧を描いた二本の真っ白な牙が浮かび上がる姿は、何とも神秘的でした。

象は暗闇でも見えるみたいなので、私のことも見えていたと思います。


窓の鉄格子越しに、息の音、匂い、体温まで感じられるほど近くで眺めていました。鉄格子はこのためにあるとも言えますが、この巨体と破壊力から察するに、鉄格子の入った窓などいとも簡単に壊せるだろうな。。。と納得しました。実際に私がここにいる間に2度やらかしてるしね。


本当はこんな時は、セキュリティーに電話しないといけないのだけど、裏庭のマンゴーを食べる象を見てみたかったので、これでいいのだ。


マンゴーを食べ終わり、方向転換する為にこちらを向いた際、窓に接近して、窓全体を巨体で覆ってしまい、外からの光が遮断されて、部屋が完全に真っ暗になったときは、窓をスマッシュされたらひとたまりもない、と感じ、窓から離れました。


夜が明けて、象に詳しい人に訊いてみると、象が窓を破壊する際は、いきなり鼻でスマッシュ、なんてしないそうです。鼻で鉄格子を掴み、ひっぱり出すが、頭突きをするにしても、必ず一回は感触を試すために、軽く頭を付けるだけに留めるので、窓際にいても、十分逃げる時間はあるとのことです。いい事知ったわ~。

今朝はインターネットが繋がらないと思ったら、主要ケーブルが象さんに引きちぎられていました。。。

ちなみに今朝はお湯も出なく、久々にバケツ冷水風呂でした。私はお湯で入るお風呂の方が好きに決まってますが、悔しいかな、確かに水風呂だと、心はこの上なくさっぱり爽快になりますね。そうかと思えば、1時間後、家中の蛇口からお湯がでてくるという、奇怪さ。どういう配管になっているのでしょうか。

話は象さんに戻って、どこから入って、どこから出て行ったのかは分かりませんが、アシュラム内のマンゴーの木も荒らされていました。(私の部屋の外は、アシュラムの内濠の外。)

最近乾燥が続いていて、アシュラムの四方から毎晩のように象が入ってきます。今夜も日が落ちたらすぐに、象の雄叫びが聞こえてきます。外出禁止令が出ています。。。




Medhaみちかの関連サイト