2016年9月2日金曜日

蓮の育て方・株分け・増やし方

今年の始めに越してきた一軒家には池がついていて、

最初は乾燥したドロだけだったのだけど、そこに水を入れたら、

蓮が蘇ってくれて、すごい生命力であっと言う間に毎日花を咲かせてくれるようになりました。

この種の蓮は、手間のかからない割には、それはそれは神々しいお姿を毎日披露してくれます。

温かい気候と私の愛情を受けて、ぐんぐん育ってくれています。

今ある株は2つのみ。
株をもっと増やしたくて、いろいろ調べたのですが、あまり情報がなく、どうしたのものかと考えながら、何か月も過ぎたある日。。。

池に手をつっこんで整理(掃除?)をしようとしていたら、こんなのを見つけてしまった。

蓮の増え方。発見した時は何が何だかわからす、驚いてしまいました。

葉っぱのおへそから、新しい葉が生えて来てる!!!
そんな増え方するんかい!?

というわけで、これをちょっと日当たりのよい池の部分に沈めて、
今で10日くらいですが、昨日見ると、根っこが生えてきました。
(昨日来客があったときに、見せたくて引っこ抜いてしまいました。また埋めたけど。)

こういう感じで、出べその葉っぱくんたちには、水の中に沈んでもらうと、
どんどん増やせるかも!と、どんどん葉っぱを沈めてみる。

一週間ほどたった今、掘り起こしてみると、おへそから芽のようなものが出かかっているような?
もうちょっと待ってみますね。

あと、もう一つの増やし方が、普通に株分け。
メインの株から、細い新しい葉が伸びてきます。
この副株が、メインの株に近すぎるせいか、いつまで経っても成長しない。

蓮の根の脇から、細い茎の葉が出て来る。

ネットで調べると、ぜんぶ掘り起こして、ナイフで切って株分けして、、、、
とかなりややこしい。
底かきとかするのいやだし~。
だいたいこの品種に当てはまることかも定かでない。

ということで、池に手をつっこんで、細い茎の根元を探り、
勇気を絞り出してえいやっと、泥をちょっと掘り起こしてみたら、
空気がブクブク~!と黒い泥の中から上がってきてちょっとホラーだけど、

意外とするりと簡単に、新しい株を引き揚げることが出来ました。

掘り起こした蓮の根。こんな感じなんです根。
イエ~イ。
これを、他の株から少し離れた、池の日当たりのいい場所に植え直します。ふふふ。
これで、新しい株が2つ増えたぞ。

調子に乗って、他の小さな株も掘り起こそうとしたけど、
他のはメインの株の根っこと一体化しているようだったので、
あと一か月くらい待ってみようかな、と思いました。
待てば株が独立するのかどうか分かりませんが。

そんなわけで、今日も爪の中は真っ黒です。しかも泥臭い。

Medhaみちかの関連サイト