2016年2月10日水曜日

心・言葉・身体の調和


人間の心というものには、「コンパッション・思いやり」 というものが、

必ず埋め込まれています。


「自分は誰からも傷つけられたくない」というのは、

どの生き物でも知っています。


「自分と同じように、他の生き物も、誰からも傷つけられたくない」

と知っているのが、人間です。


そして、それが 「コンパッション・思いやり」の根源なのです。



「コンパッション・思いやりのある行動」とは何か、

私達は教えられなくても、知っています。

行動することによって、自分の人となりが、

「コンパッショネートな人」「思いやりのある人」になるのです。




これは、コンパッションや思いやりに欠ける行為ではないか?

という疑いがあるなら、

今までの習慣とか、みんなもしてるからとか、

都合の良さとか、世間体とか、文化だから、とかそういうのは諦めて、

どんどん辞めていく。

そうすると、心・言葉・身体がすっきりとひとつになります。


心・言葉・身体の調和は、

人間の心の中に必ず組み込まれている

「コンパッション・思いやり」 に沿って行動していると、

自然と統合されて、平和になります。

綺麗事や理屈で、自分や周りに対して、どんなに言い訳をしても、

自分の心の中核である「コンパッション・思いやり」 に反した行動をしていると、

これまた自然と、心・言葉・身体に不調和を生みます。


心・言葉・身体を調和させる為に、

難しい専門用語やテクニックなど何も要らないのです。

自分の心の中にチップのように埋め込まれている、

「コンパッション・思いやり」 に従って、考え、話し、行動すればいいだけなのです。
 
自分の心・言葉・身体が調和していると、

あらゆる法則から成る世界のあり方と、自分の考え方も自然と調和します。

そのような考えの中には、衝突や、嫉妬、他人との比較や自己批判は長居できません。

そのかわりに、ヴェーダーンタの知識がすんなりと入居できるのです。


Medhaみちかの関連サイト