2021年1月25日月曜日

B is A but A is not B.

私の先生であるプージヤ・スワミジが、対象物の認知におけるステップと、ウパニシャッドの教えの理解における認知ステップの違いについて説明されているところです。
トピック自体はテクニカルなのですが、ステップの違いが生まれる原因である、ヴェーダーンタで教えらえている主題の特性を説明により、「伝統的な教え、言葉の扱い方」も伝えています。

私はいつも「言葉の独り歩き」と呼んでいるのは、まさにこういった、伝統的な言葉の扱い方を知らずに、ヨガのTTCや哲学の本やギーターの翻訳本などで無邪気に多用されている「スピリチュアルな言葉」のことです。 

以下の訳は、自分の為にしましたが、皆さんにもシェアしますね。


Knowledge is “I am not कर्ता”.
(ヴェーダーンタの教えらから得られる)知識は、「私は行動をしている人(この身体、心、器官など)ではありません。」ということです。

Doer I am. Doing is not gone.
「行動をしている人は私です。」行動は無くなりません。

But I am not doer. That is विद्या.
しかし、私は行動をしている人ではありません。これが知識です。
(B is A but A is not B.)

And अविद्या/अज्ञान is “Doer I am. And also I am doer”.
そして無知は、「行動をしている人は私で、私は行動をしている人です。」
(B is A but A is B.)

The knowledge “I am not the doer” is not there.
「私は行動をしている人ではありません。」という知識が無いのです。

Here the mistake is,
(伝統の教え方を知らない人々のアドヴァイタの知識の教え方・受け取り方の)間違いは、以下にあります。

“I am not the doer.”
「私は行動をしている人ではありません。」

“Then who is the doer?”
「では、行動をしている人は誰ですか?」

“That is nothing to do with me.”
「それは私とは全く関係ありません。」

Therefore there are two objects.
そうすると、(私と、行動をしている人という、)ふたつの存在があることになります。

You have to deal with the “not-I”.
あなたは、その「私で無いもの」と、向き合わなければなりません。

The “not-I” is much more vaster than I.
その「私で無いもの」は、私よりも遙かに広大です。

Your I is located on your body.
あなたの「私」は、あなたの身体にあるだけです。

“Not-I” is everywhere.
「私で無いもの」は、全てにおいてそこらじゅうにあります。

It just overwhelms you.
それはあなたを圧倒します。

That is the problem.
それが問題なのです。

“Not this, not this, नेति, नेति…” Then what is this?
(ウパニシャッドにある)ネーティ、ネーティ(それは違う、それは違う)では、それは何なのですか?

(Once is enough. Twice वीप्सा is meant “anything you objectify.” “whatever”) न इदंतया गृह्यते that which is not the subject to objectification. That is the meaning. दृगेव न तु दृश्यते।
(二回言うのは、「『これ』と対象化できるものは全て」という意味です。)

So, अनात्म-निषेध (नेति नेति) is half-way-home.
ゆえに、「自分では無いもの(アナートマー)」を自分ではないと否定するのは、道途中です。(Homeに辿り着けないと意味無い。誰だって、going homeの途中。)

The self is not anything you objectify.
自己の本質とは、自分が対象化するもののどれでもありません。

But anything you objectify is you.
しかし、自分が対象化するものの全てはあなたです。

What is construed to be the self is negated.
自分では無いのに自分としてしまっているものを、否定するのです。


When the teaching negates न उदेति न अस्तम् एति… and asserts, it is चित् consciousness, आनन्द.
(ウパニシャッドの)教えが、(自分の存在は)表れたり、亡くなったりするものでは無いと否定し、そして、その存在は意識であり、制限の無い存在であると教えます。

It is not verbalization.
これは、言葉で無いものを言葉にしているのではありません。(だから、ヨガやスピ系の人々は「体験しないと」「実践しないと」などと言い出す。)

There is just words.
(知る手段としての)言葉があるのみです。

You become the meaning of those words.
あなたが、その言葉の意味となるのです。

There is no conceptualization because this is you, self-revealing.
概念化しているのではありません。あなたは、自明な存在だからです。(今いる自分が、言葉の意味そのものだから、対象物の認知に必要なふたつのステップのふたつめが要らない。)

See how the whole spiritual world is caught in these words of negation.
スピリチュアル界がどのように、否定の言葉(「私はこの身体では無い」etc.)に捕まってしまっているのか、見てください。

I found words of negation are more dangerous than words of assertion.
「あなたは~です」という言葉より、否定の言葉のほうが危険だと観察しています。

It puts you on a spin.
それは人々を混乱させます。

That is why I say “handling”.
ゆえに、「(ヴェーダーンタの教えの言葉を、先生は)取り扱う」という言い方をするのです。

Handling the words, because you are self-revealing consciousness.
言葉を取り扱う。なぜなら、あなたは自明の存在である、意識そのものだからです。


ブログ内を検索

Medhaみちかの関連サイト

トピック

3年コース (2) AG-デスクトップレコーダー (1) Android phone (1) Brexit (1) Class in English (1) Google Calendar 活用 (1) Kindle (1) Lenovoのスマホ (3) LGBTQ (1) Mac (1) monthly bhagavadgita meeting (1) SDGs (2) TEDの感想 (1) tokyo (1) Vishnusahasranama Chanting Meeting in Osaka (1) Youtube (1) Zoom (4) Zoom Proの購入 (2) Zoomの使い心地 (1) Zoomの使い方 (4) ZOOMの使い方 (1) アシュラム (29) アドヴァイタ (2) アニマル・サンクチュアリ (1) アニマル・ライツ (1) アヒムサー (6) アフターコロナ (2) アメリカ (1) アメリカのアシュラム (3) アンコンシャス (1) アンタッカラナ・シュッディ (1) アンドロイド (1) インド (32) インドでのクラス (4) インドのお祭り (6) インドのキャンプのお知らせ (7) インドのスマホ (1) インドの牛 (3) インドの空港 (1) インドの植物 (1) インドの神々 (2) インドの定年退職後の生活 (1) インドの伝統文化 (38) インドの文化 (16) インドの野生動物 (9) インドビザ (1) インド時事 (1) インド舞踊 (1) インド旅行 (1) ヴィーガン農法 (1) ヴィシュ (1) ヴィシュヌ (2) ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストートラ (4) ヴェーダ (9) ヴェーダーンタ (130) ヴェーダーンタ・キャンプ (7) ヴェーダーンタのクラス (3) ヴェジタリアニズム (1) ヴェジタリアン (3) ヴェジリアン (1) ウパニシャッド (12) ウブド (2) エーカーダシー (4) エコベジ (4) エコ生活 (6) オリッシー (1) オンラインクラス (9) オンラインのクラス (19) お祈り (6) お知らせ (2) カースト制度 (3) カーラカ (1) ガネーシャ (1) カルマ・ヨーガ (1) ガンガー (1) がんばらない (1) ギーター (1) ギータープレス (1) ギフト (1) クラスについて (3) クラスのお知らせ (15) グルクラム (4) ケーララ州 (1) コインバトール (1) こうなるといいな (1) ゴーセーヴァー (2) コーラム (1) こども (1) これから実現していくこと (4) コンパッション (3) サットヴァ (2) サラッスヴァティー (1) サンクスギビング (1) サンスクリット (43) サンスクリットのおさらい (2) サンスクリット語 (16) サンスクリット語の文字入力 (2) サンスクリット語は死語か? (5) サンスクリット語講座 (16) サンスクリット語文法 (11) ジェンダー問題 (1) ジャリカットゥ (1) シャンカラーチャーリヤ (1) ジョーティシュ (1) スカイプ (2) スカイプの録画 (1) スケジュール (1) スピリチュアリティ (2) スピリチュアル (1) スワミジの言葉の訳 (3) セレンディピティ (1) ゾーニング (1) ダーナ (1) ダクシナ (1) ダクシナー (1) タットヴァボーダ (1) タミルの新年 (1) タミル文化 (1) ダヤーナンダ・パンチャカム (1) ダルマ (6) チャンティング (7) デーヴァナーガリー (1) デュアルカメラ (2) テンプル (1) ドネーション (1) ナヴァラートリー (1) パーニニ (9) バガヴァッド・ギーター (15) バガヴァッドギーター (3) ハヌマーン (1) パブリックトーク (1) バラモン (1) バリ (4) バリ島 (1) バリ勉強会 (3) ビデオ (1) ビルゲイツ (1) ヒンドゥー (1) ヒンドゥー教 (5) プ―ジヤ・スワミジ (2) ファスティング (2) プージヤ・スワミジ (4) プージャー (5) プラサーダム (1) プラマーナ (1) ブルー・リリー (1) プレゼント (1) ペイ・フォワード (1) ベーシックインカム (1) ベジタリアニズム (7) ベジタリアン (20) ベジマーク (2) ポンガル (1) マイケルムーア (1) マイソール (1) マハーバーラタ (2) マントラ (1) メタ認知 (1) ユヴァル・ノア・ハラリ (1) ヨーガ (9) ヨーガとは (5) ヨガ (10) ラーマーヤナ (4) ラマナ (1) ランゴーリ (1) リアリティ (1) リシケーシュ (2) リシケシ (5) レコーディング・スタジオ (1) レビュー (1) 愛されたいという気持ちについて (1) 暗記 (1) 意識の研究 (1) 英語学習 (2) 園芸 (9) 何をするべきか (2) 科学 (1) 火の儀式 (1) 絵画 (1) 開発 (1) 環境 (6) 環境問題 (1) 観光 (1) 寄付 (2) 機内食 (1) 気になる日本語 (1) 祈り (13) (2) 教科書 (1) 偶有性 (1) 経済学 (1) 結婚 (1) 月下美人 (1) 月例バガヴァッドギーターの会 (2) 言語学 (3) 語源 (1) 広島キャンプ (1) 広島月1講座 (2) 貢献活動 (2) 国際感覚 (1) 今日のひとこと集 (1) 菜食主義 (2) 思考停止 (1) 支援 (1) 私と生徒の書簡より (4) 資本主義 (1) 時事 (1) 自己肯定 (1) 自己否定 (1) 自分の存在価値 (1) 自由 (1) 自由意志 (1) 質疑応答 (2) 質問 (2) 手作り化粧水 (1) 宗教 (4) 書評 (5) 書評‘ (3) 食べ物 (1) 新しい生活様式 (2) 新宿ヴェーダーンタ (2) 真実について (1) 人生の意味 (1) 世界各地でのクラス (1) 生物多様性 (1) 千葉のクラス (1) 占星術 (1) 潜在意識 (1) 存在論 (1) 多田将 (1) 多文化共生 (1) 大阪でのクラス (4) 大阪月2講座 (3) 知らない間に自然とサンスクリット語が出来るようになるシリーズ (6) 地産地消 (1) 池田晶子 (1) 畜産 (1) 著書 (1) 長期コース (1) 定期講座 (15) 哲学 (1) 東京でのクラス (7) 東京月1講座 (7) 徳島でのクラス (1) 読書感想 (2) 南インド (1) 日記 (40) 日本 (6) 日本でのクラス (28) 日本語とサンスクリット語と英語。 (2) 日本語のヴェーダーンタ・コース (22) 日本語の文法 (2) 日本語訳 (1) 認識論 (1) 廃業 (1) 八支則 (1) 復習マテリアル (1) 福岡月1講座 (4) 文化人類学 (1) 文献 (1) 文法 (1) 平和 (3) 勉強会 (7) 無知の知 (1) 名古屋でのクラス (3) 名古屋月1講座 (2) 予定 (4) 落合陽一 (1) 旅行 (1) (2) 蓮の育て方 (1)