2016年4月5日火曜日

プージヤ・スワミジの前で、パーラーヤナをする習慣

先日から、こちらのアシュラムに居残っている

前回の3年コースのバッチメート(同窓生)で集まって、

プージヤ・スワミジの前で、シャンカラ・バーシヤのパーラーヤナ(朗読)を

毎朝しています。

スワミジが座っていた椅子

 最初は、毎日目が回るほど忙しいのに!

と思ったけれど、こうやって、スワミジに教えてもらったバーシヤを、

スワミジが教えてくれた意味を思い出しながら、

一緒にスワミジの下で勉強し、そしてこちらで一緒に、

スワミジの近くでおSEVAをさしてもらっている同志が集まって、

毎朝スワミジの座っていた椅子の前に集まって、

バーシヤを読むというのは、とてもありがたいことです。


毎日面倒をみている庭で咲いたジャスミンの花をてんこ盛りに持っていって、

スワミジのパードゥカー(サンダル、祈りの対象)に捧げる。

スワミジのパードゥカー


ちなみに、一緒にパーラーヤナをしているメンバーは、

早朝から夜までスワミジの近くでお世話をしていた、若いケララ人スワミ。

同じくスワミジの世話を務めていて、スワミジから次期マネージャーと任命され、

そうなるべく、マネージャー補佐をしている、タミル人ブランマチャーリー。

スワミジが力を入れていたAIM For SEVAの主な活動である、

子供の寄宿舎のSEVAをしているタミル人女性。

スワミジからこちらに残って教えることと執筆を続けるように言われた私。

この4人のメンバーです。

このような人達に恵まれて、このように毎日を過ごせるなんて、

本当に私は幸運に恵まれているのだな、と感謝の尽きない毎日です。

他の人から見たら退屈&無意味極まりないかもしれないけど!

でも、そんな生活が一番ラッキーだと思える私は、本当にラッキーなんだと思います。
 

そして、、、、暇なんかい!?と言われそうだけど、

聞いて&読んで&リピート出来る、シャンカラ・バーシヤのYoutubeビデオを、

シリーズで録音しています。




一緒に練習しよう!よければどうぞ!

続きもあるよ。



Medhaみちかの関連サイト