2017年7月17日月曜日

インドの伝統的な、「結婚している人の、きちんとした格好」

白一色が清廉としていて、
色もの・光ものは、チャラチャラして見られる?というのが、
日本人の感覚ですが、インドの感覚はかなり違います。

結婚しているのに、未亡人や尼が着るはずの白の簡素な装いは、
不吉とされますし、
「最近のスピリチュアル・ファッションね」というのがインド人の本音です。 

伝統的なインド人の、
「まともな家庭人女性・クラシックな既婚女性」
のポイントを以下にまとめました。

1.髪の毛は真ん中分けで、クンクマを付ける。

2.髪の毛は後ろで三つ編みし、香りのよい生け花を飾る

3.額にクンクマを付ける

4.22カラットの金のピアス、鼻ピアス、バングルを付ける

5.マンガラ・スートラ(結婚式の時に与えらえるネックレス)を付ける

6.発色の綺麗な、清潔なサリーを着る。
(毎日2回、洗濯されてアイロンされたものを着ます。)

7. 足元のアンクレットや指輪は銀。


頭の天辺から足の先まで、 これらは全て、マンガラ(吉兆)なアイテムです。

結婚している女性は、これらのひとつでも欠けていると、
だらしない、という印象を与えるそうです。
特に昼寝の後はこれを完璧に保つのは大変、という愚痴を聞かされますが、
そこは、義務(Duty)ベースの文化なので、好き嫌いに関わらず、義務としてこなします。

女性はそのまま女神さまの表れですから、
女神像に毎日捧げるものと、全く同じアイテムを揃えるのです。

富と繁栄、パートナー、安心、快適さ、成功、などを追求できる、
唯一のアーシュラマが、結婚して家庭人として暮らしている時期です。

逆に言うと、家庭人に富と繁栄を追求してもらわないと、
他の誰も追求する人がいないわけですから、
家庭人は、家庭だけではなく、地域や国家の大黒柱という義務があります。

ゆえに、家の中も、自分の身体も、しっかりマンガラ(吉兆)アイテムを揃えて、
ラクシュミーをしっかり味方に付けなければなりません。

面倒くさいから、という怠け心で、ご神体に捧げものを怠るのが良くないのと同じですから、
アラクシュミー(ラクシュミーの姉、不幸・不和などを司る女神)が来てしまいますよ。


Medhaみちかの関連サイト