2021年6月16日水曜日

言語化する

赤ちゃんでも大人でも、自分の心の中にあるものを、うまく言語化できないとき、そのフラストレーションが、泣いたり、叫んだり、言葉や態度の暴力として表れるのだと思っています。

ゆえに、ポジティブな気持ちも、ネガティブな気持ちも、どちらも自分の中で言語化する方法を、早いうちから学ぶのは大事なことだと考えています。

また、その気持ちを相手に表現する必要がある場合、適切な表現方法を学ぶのも、人間としてとても大事だと考えます。

言語化でなくても、音楽や絵画、舞踊などの芸術表現は、日常生活の範囲内のプロトコルでは表現できないものの表現に役立つと思います。

でもやっぱり、「自分の中のモヤモヤしたあれこれを言語化し、そして言語化された自分の思考を論理的に顧みる」というスキルは、人間として生まれたら、生まれてから死ぬまで、積極的に身に付けるべきスキルだと思います。

もちろん、言語表現も、芸術表現も、下手をするとネガティブな思考を増幅させる力もありますから、適切にガイドしてくれる、メンターとなる人は必要でしょう。

パワハラ、モラハラ、ジェンダー問題なども、当事者や社会全体がきちんと言語化して考えてこれらなかったのが、根本的な問題だと思っています。

 


「卒業式」というセレモニー(儀式)

「シクシャー・グル」という言葉は、リシケーシュのあるヨガアシュラムで聞いたきり、
AVG(私が勉強したアシュラムの総称)では、一度も聞いたことがありませんが、
ヨガ哲学の先生のおかげでヴェーダーンタに来れた人には、
それが示唆する意味を是非知ってもらいたい言葉です。

私が何も知らずに始めてリシケーシュに来てすぐに、ご縁があって、ヴェード・ニケタン(パラマルスの向こう、ビートルズ・アシュラムの手前)にて、ダルマーナンダ・スワミジというサンニャーシンの方が、主に外国人向けにを毎日開催しておられる、ヨガ哲学、というか、インドのスピリチュアル入門、のようなクラスに参加していました。

先生のダルマーナンダ・スワミジはとても気さくな方で、スピリチュアルに憧れてはるばるインドにやって来た外国人たちが、彼らを待ち受ける自称グル達に騙されないために、リシケーシュのスピリチュアル界隈の裏事情?や、ご自身の抱えていた問題などもぶっちゃけにどんどん話されていて、他の外国人参加者の観察も含めて、そのクラスではいろいろ勉強になりました。

ヴェーダーンタというものがあることや、バガヴァッド・ギーターという聖典があることも、初めてそこのクラスで知りました。聖典には最大の敬意を持って向かうこと、博士号を取るよりも大変な勉強とコミットメントが必要とされることなども、先生はご自身の態度をもって教えてくださっていました。

その先生は、クラスの中でバガヴァッド・ギーターやウパニシャッドから引用して、ヴェーダーンタとは何かといった紹介はされていましたが、別個に正式なヴェーダーンタのクラスはされていませんでした。私もまさか自分がそこまで勉強するとは思っていませんでした。

クラスの中で先生が、「グルにはいくつか種類があって、まず、シクシャー・グルは、精神的なことについての一般的なことを教える先生。そして、サッド・グルは、真実を教える先生だ」のようなことを仰っていたように記憶しています。当時の私は別にグル探しをしていた訳でも、真実探しをしている訳でも無かったので、「ふーん」位にしか思っていませんでした。

ヴェード・ニケタンのクラスには、クラスで扱われるトピックが網羅されている分厚い教科書なるものがありました。そこには、ヨーガのポーズやプラーナーヤーマ、瞑想についての方法や効果だけでなく、インド哲学から見たマインドの働き方といったトピックや、そしてもちろん、インドの宗教行事について、プラーナなどからの神話について、そしてヴェーダやバガヴァッド・ギーターなどの聖典についてなどがあったように記憶しています。

数週間して、その教科書のトピックの殆どがカヴァーされた頃、クラスに行くのをそろそろを辞めようかと思っていると誰かに話したら、それがダルマーナンダ・スワミジ先生のお耳に入ったらしく、最後の日にサプライズで「卒業式」をしてくださいました。(本当はその次の週も来ようと思ってたのだけど、そんな卒業式をされてしまって、行きづらくなってしまった、というオチがあります。)

いつも後ろの方に座っていた唯一のアジア人(つまり大人しい)聴講生の私に、先生が生徒全員と一緒に沢山のお花とマーラーで祝福のセレモニーをしてくれたのは、本当に驚きでした。これからの新しい門出を祝って、先生は皆の前で、私にこう仰ってくれました。

「君にとって私は、サッド・グルではない。私は君にとってのシクシャー・グルだった。でも、君はすぐにサッド・グルに出会えるよ。私はそのように祈っている。」

私も、そして周りの皆も、「え?」と戸惑ってしまうようなお言葉でしたが、それがその先生の、他のヨガ哲学の先生からは見られない、稀な誠実さだったのだと今でも思います。
生徒の幸せを祈ってくれて、決して生徒の不案内さに付け込んで利用しない、彼の正直さが、この祈りに込められていたのだと、今でも感謝しています。

普通のヨガ哲学の先生は、バガヴァッド・ギーターやウパニシャッドを紹介はできても、(まず自分がきちんと勉強していないし、だから教えることもできないので、)そこから先に、生徒がヴェーダーンタの伝統的な学びへと進めるように、はっきりと「卒業」という形で背中を押すことができないのだな、と思うケースは、しばしば見かけます。
だから結局、生徒は自分でギーターやウパニシャッドの訳本を買って、自分で読んで、自分なりの解釈をするしかなくなります。(そして自分独自の解釈をブログに書いたり、それを自分の座学のクラスで教えたりします。)
たとえ伝統的な教えに出会えても、シクシャー・グルから、真実を教えてくれる先生へと、心理的に「卒業」できないまま、次に進めない人は実際とても多いです。

ダルマーナンダ・スワミジが、「卒業式」というセレモニーで、吉兆を運ぶアイテムと言葉と作法で、私の幸せを願うお気持ちを「儀式」という形で表現してくださったのは、とても意味があると思います。そうやって形にすることで「ここまで」「これから」というけじめがつき、生徒が心理的なわだかまりや背信感を背負うことなく、ヴェーダーンタを勉強できるように送り出してくれたのだと思います。そんな潔い先生は、なかなかいないと思います。

その後まもなく、ひょんなきっかけから、このスワミジの祝福のお言葉通り、私はダヤーナンダ・アシュラムの門をくぐり、ヴェーダーンタの伝統的な教えに出会うことになります。

 

2021年6月8日火曜日

文法のクラスの宿題

クラスで皆さんにお伝えしていますが、
宿題は全部自分で書いてみて(紙にでもデジタル文書でもどちらでも)、
チェックしあうペアやグループを決めて、
自分の書いたものを提出して人に見てもらう、
人の書いたものを自分が見て添削してあげる、
分からないところは質問という形にして訊く、
ということをするために、いろいろ工夫をすることが大事なので、
そのステップを飛ばして「答え合わせ」をして満足するのは、お勧めしません。
特に、ある程度勉強した人には、自分の答え合わせをするだけではなく、
他の方の宿題を見てあげられるセーヴァーをして欲しいと思っています。

・自分で全部書きたくない、面倒くさい
・自分はもうある程度勉強してきたから、答え合わせだけすれば良い
・自分の書いたものを人に見られたくない
・どうやって人に見てもらうのか分からない(写真で送る?ファイルで?どうやって?)
・人の書いたものを全部見るのは嫌、面倒くさい
・添削をどうしていいか分からない(リストにする?書き足す?どうやって?)
・自分の答えがあっているかわからない
こういう「できない・したくない理由」が聞こえてきそうですが、
それをどうやって乗り越えるのかを考えて工夫しながらクリエイディブに進めるのが勉強です。

 

 

2021年6月4日金曜日

未来予想図

毎年10%ずつ(本当はいきなり全廃したいけど)、
食肉・魚介類・卵・乳製品の流通をカットしていくことを、
全ての国がしてみれば、SDGsのほぼ全ては一気に達成できるはず。

畜産業が減少すれば、それを支える穀物の生産も少なくて済むので、
農地をどんどん自然の動植物に還すことができて、
生態系の多様性が取り戻せるし、新型ウイルスが人間を脅かす環境も減らせる。

こういうのを聞いて「極端なことを!」と思う人の頭はかなり旧型。

地球人全員が1年以上マスクをし続けてお店を締めて移動できないといった、
極端な生活の変化を我慢できるのなら、
食べ物がちょっと変わるくらい、大したことは無いはず。

火星に行かなくても、ムーンショットな科学技術開発がなくても、
毎年畜産物の消費を10%減らすだけで、10年そこらで地球はパラダイスになる。


農家の人がヒーヒー言いながら、大量破棄されるための農作物を大量に作る必要もない。

食品ロスの問題は、消費者が残り物を買い上げることが解決ではなく、
そもそも生産量・輸入量が多いことが問題なのだから、流通量を適量にしないと。

ドローンが農薬や除草剤を空中散布するなんて、止めて欲しい。

リニアや原発の建設は、天国なり黄泉の国でやって欲しい。

オール電化は絶対に意味無し。
地震や大雨などの災害はいつでもどの住居にも影響するのだから、
電力ネットワークへの依存度を高くするべきではない。
しかも、電化製品を全てネットワークに繋げるなんて、どこの嬉しがり?必要ない。

右肩上がりの成長なんて要らないし、「次世代の為」と必要の無いものを開発するおせっかいも要らない。今あるもので十分だし、どう処分していいか分からないものが多くて困っているのだから。

限界集落はどんどん鹿や猪やブナの木に還せば良いと思う。

必要の無いダムや堤防も、どんどん壊して自然に還して、人間が近くに住まなければいい。

植林も、もとあった広葉樹林の自然に還す方法を考えて実践しないといけない。

電力は、とりあえずのところ、ゴミ焼却からの発電にもっと力を入れたらいいと思う。
焼却するゴミの量と、消費する電力は比例すると思うから、
これから人類がどんどん賢く進化して、ゴミを出さなくなったら、消費する電力も少なくなってくる。

電力供給の模索よりも、電力消費が要らない生活の模索の方がワクワクするでしょう?

2021年5月30日日曜日

सौन्दर्यलहरी [saundaryalaharī] 100

シャンカラーチャーリヤによる、सौन्दर्यलहरी [saundaryalaharī] という文献の最後の句です。

週末のクラス(日曜3限目)で読んでいるスワミジのTalks and Essays Oneの冒頭にあったので、紹介します。

 

प्रदीपज्वालाभिर्दिवसकरनीराजनविधिः सुधासूतेश्चन्द्रोपलजललवैरर्घ्यरचना ।

स्वकीयैरम्भोभिः सलिलनिधिसौहित्यकरणं त्वदीयाभिर्वाग्भिस्तव जननि वाचां स्तुतिरियम् ।।100।।

 

प्रदीप-ज्वालाभिः 3/3 दिवसकर-नीराजन-विधिः 1/1

सुधासूतेः 6/1न्द्र-उपल-जल-लवै 3/3र्घ्यरचना 1/1

स्वकीयैः 3/3म्भोभिः 3/3 सलिल-निधि-सौहित्यकरणम् 1/1

त्वदीयाभिः 3/3 वाग्भिः 3/3 6/1 जननि S/1 वाचाम् 6/3 स्तुतिः 1/1 इयम् 1/1।।100।।

 

जननि S/1 त्वदीयाभिः 3/3 वाग्भिः 3/3 इयम् 1/1 वाचाम् 6/3 6/1 स्तुतिः 1/1 

母よ!あなたのものである言葉によって作られた、この言葉によるあなたへの讃美は、


प्रदीप-ज्वालाभिः 3/3 दिवसकर-नीराजन-विधिः 1/1

ランプの光によって、太陽を照らすプージャーのような、

न्द्र-उपल-जल-लवैः 3/3 सुधासूतेः 6/1र्घ्यरचना 1/1

月の石の水の滴によって、月に足を洗う水を捧げるような、

स्वकीयैः 3/3म्भोभिः 3/3 सलिल-निधि-सौहित्यकरणम् 1/1

海そのものの水によって、海に祈りを捧げるようなものです。

 

言葉の女神ですから、サラッスヴァティーへのお祈りの句ですね。



 

2021年4月26日月曜日

チャンティングの練習をする際は、

私のオンラインのクラスやYoutubeでは、いろいろな方が見ていると思い、「今ここしてます」という形で画面をカラオケ風?にしていますが、
 
きちんと練習する場合は、
・チャンティングには決まった本を使い、
・手元の本を見て、
・片手に鉛筆を持って、
・お手本の声を良く聴いて(一緒に重ねてチャンティングしないこと)
練習する習慣をつけると良いですよ。
 

 

2021年4月3日土曜日

伝統と悪習の違い

ヴェーダーンタのを教えを正しく学べば、何が「インドの伝統」で、何が「インドにはびこる悪習」なのか、分別できるようになります。

逆に、どれだけインドに長く住んでいて、インドの現状を知っていても、ヴェーダーンタの教えを聞きかじっただけで、きちんと学べていないと、伝統も悪習もごっちゃになってしまう。
 
そして、悪習を見て、「インドの伝統は良くない!」 と言い出して、「だからヴェーダとか勉強するの意味無い!」と言い出す。


2021年3月26日金曜日

2021年4月からの週末クラス

 

4月13日(火)は、ユガーディといって、ヒンドゥー暦の新年で、とても吉兆な日です。
1年の始まりですから、これからの勉強が滞りなく進んで、実り多きものとなるよう、お祈りをしたいと思います。朝7時~30分ほど、赤い本から、ガネーシャや勉強の為のお祈りを、集まって来られた皆さんと一緒にチャンティングしようと思っています。
参加できる方は、いつものPublicクラスのZOOMリンクからログインしてください。

そして、4月17日(土)から毎週末、以下の通り、新しいクラスを始めます。

土曜日
10:00 ~ 11:00 初級サンスクリット語文法(言語構造)
11:30 ~ 12:30 ラーマーヤナ サンスクリット語原典を文法解説付きで読む会
ランチはベジタリアンでお願いします。
14:00 ~ 15:00 ヴェーダーンタの紹介の本を読む会

日曜日
10:00 ~ 11:00 初級サンスクリット語文法(音とサンディとチャンティング)
11:30 ~ 12:30 ラーマーヤナ サンスクリット語原典を文法解説付きで読む会
ランチはベジタリアンでお願いします。
14:00 ~ 15:00 シヴァの108の名前のチャンティングと意味
日曜日の3限目は、5月16日からは、スワミジのお話をまとめた『Talks and Essays One』を日本語で解説しながら読む会になります。

 

各クラスのテキストは、クラスの前日までに私が用意したのものを、GoogleDriveにアップしていくという方式にするつもりです。
また、ZOOMのリンクは、これまでのものと同じです。リンクをご存知ない方は、以下と同様の要領でお問い合わせください。

GoogleDriveのリンク先は、FB、メール、もしくはブログの下のお問い合わせフォームから、お問い合わせいただければ、返信にてお知らせします。
既に面識のある方やご紹介いただいている方以外は、お問い合わせの際に、簡単な自己紹介をお願いします。(もともとこのような教えは、顔の見えない相手にシェアするようなものではないので。)

互いの顔を見ながらコミュニケーションするものなので、ZOOMに参加される際、特に質問をされる場合は、ビデオをONにするのが良いです。

また、クラスには心身ともに清潔にしてご参加ください。クラス中のご飲食もお控えください。(パジャマでコーヒー飲みながら、ソファで寝っ転がって聖典を聞く、なんて罰当たりなことをさせてしまってはいけないので。。)

ヴェジタリアンでいることは、クラスでの理解の障害をより取り除いてくれます。是非実践してください。

全てのクラスが滞りなく進み、より多くの人々と共に、より実りある学びの時間を過ごせますように。

皆さんも是非、このようにお祈りしながら、クラスの実現にご協力ください。


2021年3月15日月曜日

これからの国際旅行

あるエアラインの国際旅行の安心についてのアンケートに協力しました。
アンケートのポイントは、「デジタル健康パスポートがあれば安心か?」についてカスタマーの意見を聞きたかったようです。

私が提供した意見を要約すると、「現在の国際旅行の現状で大満足。路線さえ完備したらずっとこのままがいい。コロナ直前のあの混雑した空港と機内には戻りたくない。

コロナ前は、世界中のフライト数がうなぎ登りに増えていて、競争が激しく、半年先のフライトも焦って取らないといけない状況になっていました。あんなのに戻りたくない。
安いからとか、宣伝に踊らされて旅行するスタイルは、本当に無くなって欲しい。

現行では、PCR(もしくは抗原)テストの義務化や、旅行後の行動規制などのプロトコルがあり、さらに時期と便によっては飛行機も空港も空いてるので、今のやり方で十分安心・安全だろうと私は思っています。(まーちょっと空き過ぎなところもあるけど。。でも、以前のようなぎゅうぎゅう詰めの大混乱もオカシイと思う。)

消費行動として質の低い旅行と旅行者を増やすのではなく、本当に旅行したい人だけが旅行して、体調の悪い人は旅行をキャンセルする。それがスタンダードになって欲しいです。


あと、PCRや抗原の検査を始めとする国際航空旅行プロトコルは、現行のもので十分安全だと思うので、『ワクチン必須はやめて欲しい』と強調しておきました。
私は原因不明のアナフィラキシーショックを2度経験しているので、強制されるのは絶対勘弁して欲しい。
ワクチンを打った人でも本人は重症化しなかったとしても病原菌は運べるし、ウイルスは変異するものだから、下手にワクチン証明書を持っているだけでウロウロされたら、また別のパンデミックを広げてしまうのでは?と思います。
また、デジタル・パスポートなんて、ハッキングやら不具合やら個人情報流出やらで、それこそ信用ならない。

2021年2月25日木曜日

VSのクラスの準備をしながら。

スワミジがごく稀に引用しているシュローカ。今日はたまたま別のところで2度も聴いたので、メモを取る為に原文をググったら、自分のブログ1件のみの検索結果で出て来ました。。きちんと校正してアンヴァヤまでしてくれて、3年前の私、ありがとう。3年前に書いたことはすっかり忘れていましたが、こうやってウェブ上に上げておくと便利ですね。。最近は自分で書いたものをグーグルで探しています。
ちなみに、サンスクリット語の文献の検索において、エコシアはかなり弱く、グーグルの方が断然強いということに気づきました。。

 
そして今日は、たまたま物理学者達が「時間はなぜ過去から未来へ流れるのか」という議論をしているのを見かけました。
今とは何かの根本的な定義を見逃したまま、時間の流れという枠組みの中で悩んでいる点はまさに、ラマナが笑っていることそのものだな、と思いました。。
根本的な問題に気づくには、多大なグレースが必要です。。
 

ブログ内を検索

Medhaみちかの関連サイト

トピック

3年コース (2) AG-デスクトップレコーダー (1) Android phone (1) Brexit (1) Class in English (1) Google Calendar 活用 (1) Kindle (1) Lenovoのスマホ (3) Mac (1) monthly bhagavadgita meeting (1) SDGs (2) TEDの感想 (1) tokyo (1) Vishnusahasranama Chanting Meeting in Osaka (1) Youtube (1) Zoom (4) Zoom Proの購入 (2) Zoomの使い心地 (1) Zoomの使い方 (4) ZOOMの使い方 (1) アシュラム (29) アドヴァイタ (2) アニマル・サンクチュアリ (1) アヒムサー (6) アフターコロナ (2) アメリカ (1) アメリカのアシュラム (3) アンコンシャス (1) アンタッカラナ・シュッディ (1) アンドロイド (1) インド (32) インドでのクラス (4) インドのお祭り (6) インドのキャンプのお知らせ (7) インドのスマホ (1) インドの牛 (3) インドの空港 (1) インドの植物 (1) インドの神々 (2) インドの定年退職後の生活 (1) インドの伝統文化 (38) インドの文化 (16) インドの野生動物 (9) インドビザ (1) インド時事 (1) インド舞踊 (1) インド旅行 (1) ヴィーガン農法 (1) ヴィシュ (1) ヴィシュヌ (2) ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストートラ (4) ヴェーダ (9) ヴェーダーンタ (129) ヴェーダーンタ・キャンプ (7) ヴェーダーンタのクラス (3) ヴェジタリアニズム (1) ヴェジタリアン (3) ヴェジリアン (1) ウパニシャッド (12) ウブド (2) エーカーダシー (3) エコベジ (4) エコ生活 (6) オリッシー (1) オンラインクラス (9) オンラインのクラス (19) お祈り (6) お知らせ (2) カースト制度 (3) カーラカ (1) ガネーシャ (1) カルマ・ヨーガ (1) ガンガー (1) がんばらない (1) ギーター (1) ギータープレス (1) ギフト (1) クラスについて (3) クラスのお知らせ (15) グルクラム (4) ケーララ州 (1) コインバトール (1) こうなるといいな (1) ゴーセーヴァー (2) コーラム (1) こども (1) これから実現していくこと (4) コンパッション (3) サットヴァ (2) サラッスヴァティー (1) サンクスギビング (1) サンスクリット (43) サンスクリットのおさらい (2) サンスクリット語 (16) サンスクリット語の文字入力 (2) サンスクリット語は死語か? (5) サンスクリット語講座 (16) サンスクリット語文法 (11) ジャリカットゥ (1) シャンカラーチャーリヤ (1) ジョーティシュ (1) スカイプ (2) スカイプの録画 (1) スケジュール (1) スピリチュアリティ (2) スピリチュアル (1) スワミジの言葉の訳 (3) セレンディピティ (1) ゾーニング (1) ダーナ (1) ダクシナ (1) ダクシナー (1) タットヴァボーダ (1) タミルの新年 (1) タミル文化 (1) ダヤーナンダ・パンチャカム (1) ダルマ (6) チャンティング (7) デーヴァナーガリー (1) デュアルカメラ (2) テンプル (1) ドネーション (1) ナヴァラートリー (1) パーニニ (9) バガヴァッド・ギーター (15) バガヴァッドギーター (3) ハヌマーン (1) パブリックトーク (1) バラモン (1) バリ (4) バリ島 (1) バリ勉強会 (3) ビデオ (1) ビルゲイツ (1) ヒンドゥー (1) ヒンドゥー教 (5) プ―ジヤ・スワミジ (2) ファスティング (1) プージヤ・スワミジ (4) プージャー (5) プラサーダム (1) プラマーナ (1) ブルー・リリー (1) プレゼント (1) ペイ・フォワード (1) ベーシックインカム (1) ベジタリアニズム (6) ベジタリアン (20) ベジマーク (2) ポンガル (1) マイケルムーア (1) マイソール (1) マハーバーラタ (2) マントラ (1) メタ認知 (1) ユヴァル・ノア・ハラリ (1) ヨーガ (9) ヨーガとは (5) ヨガ (10) ラーマーヤナ (4) ラマナ (1) ランゴーリ (1) リアリティ (1) リシケーシュ (2) リシケシ (5) レコーディング・スタジオ (1) レビュー (1) 愛されたいという気持ちについて (1) 暗記 (1) 意識の研究 (1) 英語学習 (2) 園芸 (9) 何をするべきか (2) 科学 (1) 火の儀式 (1) 絵画 (1) 開発 (1) 環境 (6) 環境問題 (1) 観光 (1) 寄付 (2) 機内食 (1) 気になる日本語 (1) 祈り (13) (2) 教科書 (1) 偶有性 (1) 経済学 (1) 結婚 (1) 月下美人 (1) 月例バガヴァッドギーターの会 (2) 言語学 (3) 語源 (1) 広島キャンプ (1) 広島月1講座 (2) 貢献活動 (2) 国際感覚 (1) 今日のひとこと集 (1) 菜食主義 (2) 思考停止 (1) 支援 (1) 私と生徒の書簡より (4) 資本主義 (1) 時事 (1) 自己肯定 (1) 自己否定 (1) 自分の存在価値 (1) 自由 (1) 自由意志 (1) 質疑応答 (2) 質問 (2) 手作り化粧水 (1) 宗教 (4) 書評 (5) 書評‘ (3) 食べ物 (1) 新しい生活様式 (2) 新宿ヴェーダーンタ (2) 真実について (1) 人生の意味 (1) 世界各地でのクラス (1) 生物多様性 (1) 千葉のクラス (1) 潜在意識 (1) 存在論 (1) 多田将 (1) 多文化共生 (1) 大阪でのクラス (4) 大阪月2講座 (3) 知らない間に自然とサンスクリット語が出来るようになるシリーズ (6) 地産地消 (1) 池田晶子 (1) 畜産 (1) 著書 (1) 長期コース (1) 定期講座 (15) 哲学 (1) 東京でのクラス (7) 東京月1講座 (7) 徳島でのクラス (1) 読書感想 (2) 南インド (1) 日記 (40) 日本 (6) 日本でのクラス (28) 日本語とサンスクリット語と英語。 (2) 日本語のヴェーダーンタ・コース (22) 日本語の文法 (2) 日本語訳 (1) 認識論 (1) 廃業 (1) 八支則 (1) 復習マテリアル (1) 福岡月1講座 (4) 文化人類学 (1) 文献 (1) 文法 (1) 平和 (3) 勉強会 (7) 無知の知 (1) 名古屋でのクラス (3) 名古屋月1講座 (2) 予定 (4) 落合陽一 (1) 旅行 (1) (2) 蓮の育て方 (1)