2017年7月17日月曜日

ダクシナ、ダーナ、ビクシャー等の言葉の使い分け方

ダクシナ、ダーナ、ビクシャ―、
これらの言葉は、伝統文化の理解において重要なキーワードであり、
単に「参加費」「授業料」「お金を渡すこと」という言葉と置き換えて使えばよい、
というものではありません。

ダクシナとは何か、ダーナとは、ビクシャ―とは何か、
正しく理解することが、受け取った知識の正しい理解にも繋がるので、
理解が深められるよう、説明を試みてみますね。

ダクシナ

・ プージャー、ホーマ等、お祈りの儀式をしてもらったとき、儀式をしてくれた祭司へ、
・ ヴェーダとそれに関する文献の教えを授かった時、先生へ、
儀式や教えをを完結させるために不可欠な要素のひとつがダクシナです。

「任意で与える」という態度とは違う点において、ダクシナとダーナは違います。

また、「プージャリさんへのダクシナ」スワミジへのダクシナ」「~先生へのダクシナ」 と、
ダクシナは、知識を持った特定の人に宛てられるものです。

尊敬を表すための、象徴的・儀式的な行為です。

祭司や先生など、知識を持っている人に敬意を持って渡すものであり、
お給料やチップではありません。
自分が雇い主のような態度や、お金あげてやってる、
という風にならないように気を付けましょう。

直接教えを受けたことが無い先生でも、ナマスカーラ(挨拶をして尊敬を表す)時には、
花と果物と共にダクシナも用意して籠にのせて捧げます。

また、アシュラムや会場などの運営費や宿泊費・食費などはダクシナとは言いません。
普通に、寄付・ドネーションと言えば良いでしょう。


ダーナ


自分が与える義務の無い人々に、一歩踏み出して与える行為。

家族を養ったり、社員に給料を与えたり、何かを得た対価を支払ったりするのは、
扶養義務、支払い義務を果たしているだけで、ダーナではありません。

サンスクリット一日一語にも詳しく説明しています。

しなくてもいいところをわざわざ意思を使ってするのがダーナなので、
その点で、ダクシナとダーナは違います。

文献で教えらている方法でダーナをする時は、
それはプンニャを得るための祈りの行為ですから、
儀式と同じように、もらってもらう相手、もらってもらうもの、場所や時間など、
全ては神聖なものであり、与える側の人は、敬虔な態度で臨みます。


ビクシャー


家庭を持っていない、勉強に専念している人、
つまり、サンニャーシンとヴェーダの学生(ブランマチャーリン)に対して、
勉強をし続けてもらうために、食事を提供することを、ビクシャ―と言います。


ビクシャーのスポンサーをすることを、アンナ・ダーナ(食べ物の分配)と言います。

ビクシャーを与えることが出来る、唯一の立場にいるのが、家庭人(グラハスタ)ですから、
キャンプの時など、家庭人でもビクシャ―を体験して食べることは出来ますが、
家庭人までビクシャーを当てに生きるようになると、文化的な社会が崩壊してしまいます。
という点は、スワミジがよく指摘していましたね。


ダクシナ、ダーナ、ビクシャー、そして運営費など諸々、
これらを総称して、寄付ということも出来ますね。
お礼やプレゼントはそのままの呼称で良いでしょう。

いずれも、消費者から貢献者へという自己成長を後押しする
象徴的なステップです。

日本の寄付に対する感覚に関して一考


日本人の感覚では、寄付という行為は、
「お金を有り余らせている金持ちだけがするもの」
「庶民にはどうせ無理」のような、ちょっと悲しい認識があるようですが、
いつかドネーションをする為のお金があり余る日を待っていたら、
どんなにお金持ちになっても、自己成長するチャンスは一生来ないでしょう。

所得額が問題ではなく、人の為に一歩踏み出したかどうか、それだけです。
一文無しの生活をしている人でも、分け与えることを知っている人は世界中に沢山います。

余ったもの、要らないものをおすそ分けしているのは、不用品を処分しているだけで、
「与える時にはベストなものを」という精神とは違いますね。

自分がやっていると人のことも見えてきますが、
実際にダーナをしている人は皆総じて、
「やろう」と決めて、工面して実現されているものです。

経済状況がまずありき、ではありません。
所得の無いサンニャーシンやブランマチャーリンでも(こそ)ダクシナやダーナの価値を知っていて実践しているので、
結局はその人の価値観において優先順位がどうなっているか、だけです。
経済状況はその後からくるものです。

Medhaみちかの関連サイト